FC2ブログ




ストリートダンスやヒップホップダンスの大会やフェスの情報を集めました。


オディション情報



プロフィール

Aマーシー

Author:Aマーシー
ヒップホップダンスにかかせないダンスに関する話題や音楽をご紹介しています。

趣味・個人



最新記事



ストリートダンス教習



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ



QRコード

QR



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


海外でも絶賛、「還暦」日本人ダンサー
ごゆっくりご覧ください。




【2月14日 AFPBB News】着物でストリートダンスを踊った動画が海外でも話題となったダンサーのトリ(TORI)さん(61)。還暦を超えたダンサーは、実は4人の孫がいるおばあさんだが、深夜に開催されるダンスバトル大会に参加しては、圧倒的なパフォーマンスで相手をうならせている。

 ストリートダンスの技を競い合う「ダンスバトル」は、ダンサーがDJの音楽に合わせ、即興で交互に踊りを披露し、その内容で勝敗を決する。TORIさんはこの日、女性限定のダンスバトル大会にペアとソロの両部門で出場。Tシャツにジーンズ、深めにキャップをかぶり、普段は少し控えめに話すトリさんだが、ステージに登ると、キレのある力強いパフォーマンスを見せつけ、場内からは歓声が上がる。ペアを組んだダンサーの熊木なおこ(Naoko Kumaki)さん(30)も、「(トリさんのダンスは)真剣で、重みがある。ダンスの歴史を感じて、表現している」と尊敬のまなざし。

 トリさんがダンスを始めたのは、30代後半。最初は単なる趣味のひとつだったが、50歳のときにストリートダンスの一種である「ポッピング」に出会い、その面白さに開眼した。「すごくかっこいいと思った。でも、見よう見まねでもやりようがない。できないから練習をする。練習をするうちに楽しくなった」

「ポッピング」は、ロボットダンスに全身の筋肉を「弾く(ポップ)」ような動きを加えたもの。ダンスイベントを主催する黒崎陽平(Yohei Kurosaki)さん(27)よれば、「瞬間的に力を入れたり抜いたりする動きは、筋肉が少ない女性にはそもそも難しく、なかなか上手に踊れる人がいない」のだという。

 日常の忙しさにも、トリさんのダンスにかける情熱は揺らがない。仕事を複数掛け持ちし、夜遅くまで働くため、「何もしない日は、年に1日くらいしかない」ほど多忙な日々を送る。その生活の中に、毎晩の自宅での自主練習と、ダンス仲間との深夜練習が組み込まれる。「楽しいから踊っているのが正直なところ」と還暦を迎えたダンサーは笑う。

 ポッピングを始めた頃からトリさんを知るダンス仲間の梅(Ume)さん(45)は、「たぶん彼女、ちやほやされたいんです」と軽口をたたく。しかし彼女のダンスについては、「僕らがもう到達できないところに行ったと思う。体的には僕らより動かないところもあるかもしれないが、ダンスは人間を表現すること。彼女の表現は深くてやばい」。

「盆踊りの太鼓、阿波踊りの鐘と笛の音、沖縄のカチャーシーやアフリカのジャンベのリズム、なんでもそういうものにうずうずする」と話すトリさんの体が思わずリズムを打ち始める。

「人間は、本能的にリズムにのり、音を感じる能力を持っていると思う。それをどれだけ表現できるか」とトリさん。今後は「今の延長線上で。もっと自分のイメージに近づけること」が目標だとためらいなく言ってのける彼女の表現は、年齢という枠を超え、多くの人を魅了し続ける。(c)AFPBB News/Hiromi Tanoue


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170214-00010010-afpbbnewsv-int
※この記事の著作権は配信元に帰属します





ご訪問ありがとうございます。


⇒ 【27日間ヒップホップダンス上達プログラム】 運動音痴&リズム感ゼロのダンス未経験者がスクールやスタジオに一切通わず自宅練習で27日間後、3年以上スクールに通っている生徒を横目に、イベントのセンターを張れるほどのダンサーに生まれ変わった!!

ヒップホップダンス指導革命【ダンス必修化で、お困りの中学校の先生へ。明日から授業で使える指導法】DVD2枚組
スポンサーサイト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。