FC2ブログ




ストリートダンスやヒップホップダンスの大会やフェスの情報を集めました。


オディション情報



プロフィール

Aマーシー

Author:Aマーシー
ヒップホップダンスにかかせないダンスに関する話題や音楽をご紹介しています。

趣味・個人



最新記事



ストリートダンス教習



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ



QRコード

QR



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


決め手は“リアクション力”!? 最年少グランプリ、柳田咲良さんに注目!!/芸能ショナイ業務話
訪問ありがとうございます。




未来のスター女優が誕生した。先月行われた「第41回ホリプロタレントスカウトキャラバン」の決選大会で、史上最年少グランプリに輝いた小学6年、柳田咲良(やなぎた・さくら)さんだ。

 今年のスカウトキャラバンは、深田恭子(33)、石原さとみ(29)を発掘した回と同じ「PURE GIRL」をテーマに、10代でブレークする主演級女優の発掘を目的に開催された。

 石原をほうふつさせる太眉が印象的な美少女は、自己PRで6年習っているヒップホップダンスを披露。演技審査では感情豊かな表現力で他の候補者を圧倒し、応募者2万4794人の頂点に立つと「どんな役でも見ている人を感動させられる女優になりたいです」とピュアな涙を流した。

 栃木県出身の柳田さんは幼稚園の年長から女優を夢見て、ドラマに出ている石原のモノマネをしながら演技を独学。学芸会でも芝居経験はなく、初めてのステージで見事その実力を発揮し、審査員全員を「芝居がうまい!」とうならせた。

 受賞理由について、ホリプロの小菅品世実行委員が一番に挙げたのが“リアクション力”だ。

 7月下旬の地方予選のころの柳田さんについて、「自信なさそうな感じが見て分かった」といい、「そのときに『グランプリを取ることをイメージして臨んだ方がいいよ』って話をして、一番響いたのが彼女でした」と明かす。

 負けず嫌いな性格もあって、翌8月下旬の合宿審査でも「叱られても、それをバネに成長していた。急激に伸びた」と振り返り、「言われたことをちゃんと理解して、それをやるっていう反応の良さが一番でしたね」と絶賛した。

 受賞後のインタビューで「感動や笑いを届けられるようなすごい女優さんになって、石原さんを超えたい」と大きな瞳を輝かせていた柳田さん。まだあどけない小学生の彼女が、どこまで成長するか楽しみだ。(こっしー)


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161013-00000534-sanspo-ent
※この記事の著作権は配信元に帰属します





ご訪問ありがとうございます。


【27日間ヒップホップダンス上達プログラム】 運動音痴&リズム感ゼロのダンス未経験者がスクールやスタジオに一切通わず自宅練習で27日間後、3年以上スクールに通っている生徒を横目に、イベントのセンターを張れるほどのダンサーに生まれ変わった!!

ヒップホップダンス指導革命【ダンス必修化で、お困りの中学校の先生へ。明日から授業で使える指導法】DVD2枚組
スポンサーサイト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。