FC2ブログ




ストリートダンスやヒップホップダンスの大会やフェスの情報を集めました。


オディション情報



プロフィール

Aマーシー

Author:Aマーシー
ヒップホップダンスにかかせないダンスに関する話題や音楽をご紹介しています。

趣味・個人



最新記事



ストリートダンス教習



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ



QRコード

QR



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


現役女子高生ボーカル&ダンスグループ・J☆Dee’Z、新曲MVで「制服」「生歌」「ダンスバトル」を披露
訪問ありがとうございます。




現役女子高校生ボーカル&ダンスグループのJ☆Dee’Z(ジェイディーズ)が、7月19日に発売する新曲『Melody』のミュージックビデオ(MV)を公開。合わせてファッション雑誌『NYLON JAPAN』が手掛けた新ビジュアルも公開された。

【写真】J☆Dee’Zのミュージックビデオ。新曲のビジュアル。

 2010年にキッズダンスグループとして結成され、2012年にLOTTE×ソニーミュージック主催のオーディションで約8000組の中からグランプリを受賞し、2014年にメジャーデビューを果たしたJ☆Dee’Z。

 現在平均年齢16歳だが、活動歴は今年で8年目。幼い頃から培った抜群のダンスパフォーマンスに、鍛えあげられた力強い生歌とハーモニーが武器。さらに、ダンスでリズムを奏でる「ボディーパーカッションダンス」という新しいムーブメントを発信している。

 新曲『Melody』のミュージックビデオでは、新たに二つのことに挑戦している。その一つは“生歌”への挑戦。メンバー最年少・15歳のNonoがピアノを弾き、3人でハモリながら歌う生歌のシーンが盛り込まれている。ライブでも生歌勝負の彼女たちの武器を、存分に聴かせるシーンは必見だ。そして二つ目は“フリースタイルダンスバトル”への挑戦。「一回限り」という緊張感が漂う撮影で、即興のダンスパフォーマンスを繰り広げている。

 『Melody』という楽曲についてメンバーのNonoは「日々色んな自分の感情に寄り添ってくれる音楽。曲を聴いて、その時の気持ちだったり、ある人を思い出したり…そんなパワーが音楽にはあると思う。この曲が何かを思い出すきっかけになったら嬉しいです!」とアピールする。

 今回、現役女子高校生らしい制服姿も披露。キッズダンサーとしてのデビューから、本格派グループへと確実に成長を続ける彼女たちの今が感じられるミュージックビデオだ。


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170623-00000369-devi-ent
※この記事の著作権は配信元に帰属します





ご訪問ありがとうございます。


⇒ 【27日間ヒップホップダンス上達プログラム】 運動音痴&リズム感ゼロのダンス未経験者がスクールやスタジオに一切通わず自宅練習で27日間後、3年以上スクールに通っている生徒を横目に、イベントのセンターを張れるほどのダンサーに生まれ変わった!!


ヒップホップダンス指導革命【ダンス必修化で、お困りの中学校の先生へ。明日から授業で使える指導法】DVD2枚組

スポンサーサイト

DA PUMP結成20周年 ISSA“生涯DA PUMP”宣言「歩けるうちはやりたい」
ようこそ、いらっしゃいませ。




 ヒップホップダンスボーカルユニット・DA PUMPが11日、千葉・舞浜アンフィシアターで結成20周年記念ライブ『LIVE DA PUMP 2016-2017“RED~live 20th~”』を開催。公演前にISSAは「歩けるうちはやりたい」と“生涯DA PUMP”宣言をした。

【写真】ライブ前に取材に応じたDA PUMPの7人

 20周年についてISSAは「一言では言えない。でも、気づいたら早かったな」と感慨深げ。20年で変わったことについて問われると「知恵がついた。東京で生きていく術とか」と笑わせた。1番の思い出は、日本武道館や代々木体育館でのライブ。「大変だなっていう記憶があんまりない。いいことしかない。そういう脳の回路になっている。だから楽しい思い出しかない」と20年の充実ぶりを語った。

 続けて「年々、スキルアップしてきたと思う。やめなかったこと、やり続けてきたのが今日にいたる」と継続の大切さを説く。「永久にDA PUMP?」と報道陣から水を向けられると「頑張りましょう。行けるところまで。いつまでかはわからないけど、歩けるうちはやりたい」と事実上の生涯継続を宣言。歌に対する情熱は増すばかりで「自分の1番、好きなことなので。そこに対しては変わっていないし、ふくらんでいく一方」とさらなる成長に意欲を見せた。

 DA PUMPは1996年9月に4人で結成。97年6月11日にm.c.A・Tのプロデュースのシングル「Feelin’Good~It’s PARADISE」でデビュー。08年12月より現行のISSA、TOMO、DAICHI、KENZO、KIMI、YORI、U-YEAHの7人体制となった。

 ライブでは代表曲「if...」などを披露。元メンバーのYUKINARIからの祝福のコメントも届けられた。

YUKINARIから祝福のコメント

 DA PUMP20周年おめでとうございます。20年前の6月11日にデビューして4人でスタートしてあっという間の月日。今、7人での活動を続けて頑張ってくれてることに、元メンバーとして陰ながら応援しています。

 当時のメンバーはそれぞれ違う世界で頑張っておりますが、4人で活動できた事に誇りを持って歩んでおります。

 支えてくれたスタッフ、プロデューサーの富樫さん、バンドメンバー、ダンサーメンバー、何よりもファンの皆さんがあって今の僕があると思います。『感謝』の言葉じゃ足りないですが、その気持ちでいっぱいです。

 20周年ライブにはいけないですが、遠く沖縄から成功を祈っております。DA PUMPの皆、応援してるぞ!

■『LIVE DA PUMP 2016-2017“RED~live 20th~”』
01.ごきげんだぜっ
02.Love Is The Final Liberty
03.Let's get back your love
04.Summer Rider
05.Rhapsody in Blue
06.No Cry,No more Cry~What is Freedom?~
07.ISSAソロMIXメドレー
08.Sparkle
09.Heart Edge itching
10.Destines
11.if...
12.振りレクチャーメドレー
13.Dragon Screamer
14.CORAZON
15.Do the bad thing
16.Steppin' and Sakein'/One and only
17.We can't stop the Music
18.Feelin' Good It's Paradise
EN1.New Position
EN2.Take it Easy
EN3.Stay Together


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170609-00000363-oric-ent
※この記事の著作権は配信元に帰属します





ご訪問ありがとうございます。


⇒ 【27日間ヒップホップダンス上達プログラム】 運動音痴&リズム感ゼロのダンス未経験者がスクールやスタジオに一切通わず自宅練習で27日間後、3年以上スクールに通っている生徒を横目に、イベントのセンターを張れるほどのダンサーに生まれ変わった!!


ヒップホップダンス指導革命【ダンス必修化で、お困りの中学校の先生へ。明日から授業で使える指導法】DVD2枚組


元忍者の正木告白、バックダンサー報酬は月20万円
訪問ありがとうございます。




 ジャニーズの元アイドルグループ「忍者」の正木慎也(48)が、当時の月収や恋愛事情について語った。

 正木は1日深夜放送のテレビ東京系「じっくり聞いタロウ~スター近況(秘)報告~」に出演。ジャニーズ事務所に入所したのは12歳の時で、それから6年間はジャニーズJr.として活動していたという。バックダンサーのギャラは1ステージ1万円ほどだったそうで、月収にすると20万円程度だったと明かした。

 そして18歳だった1990年に忍者としてデビュー。すると収入は一気に跳ね上がり、「ほかのグループとかは知らないですけど、Jr.の時に比べたら何千倍かなんかにはなった」と明かした。

 また、恋愛については事務所からは禁止されていなかったという。当時、交際はしていなかったそうだが、番組で共演した有名アイドルと2人きりで食事することなどはあったそうで、そのアイドルの名前を尋ねられると「N.Sさん」とイニシャルで答えた。


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170602-01833610-nksports-ent
※この記事の著作権は配信元に帰属します





ご訪問感謝します。


⇒ 【27日間ヒップホップダンス上達プログラム】 運動音痴&リズム感ゼロのダンス未経験者がスクールやスタジオに一切通わず自宅練習で27日間後、3年以上スクールに通っている生徒を横目に、イベントのセンターを張れるほどのダンサーに生まれ変わった!!


センター大園桃子を筆頭とした美女メンバー、乃木坂46“三期生”をここに解剖!
ようこそ、いらっしゃいませ。




月9日から14日まで渋谷AiiA 2.5 Theater Tokyoで「三期生単独ライブ」を行った乃木坂46。そのチケット予約の応募総数は、全8公演で6,400人というキャパシティに対して、倍率40倍の約24万人。現在発売中の最新シングル「インフルエンサー」の握手会でも、一期生や二期生の人気に引けを取らないメンバーが早くも登場している。

【画像】モデルも務める白石麻衣

三期生のセンターを務めるのは、大園桃子
三期生は、13歳から21歳までの12人で構成されている。2016年9月4日にお披露目となり、今年2月の「乃木坂46 5th YEAR BIRTHDAY LIVE」よりグループに合流。すでに舞台やグラビア、バラエティ番組などで初々しくもそれぞれの個性を振りまき、8月に結成6年を迎えるグループに新風を呼び込んでいる。

そんな中、前述のシングル「インフルエンサー」のカップリング曲として三期生のみの「三番目の風」。そのセンターを務めたのが、大園桃子だ。同曲では人懐っこさとハツラツとした雰囲気を見せ、未来の大器となることを予感をさせる。

女性ファッション誌に登場するなど、ルックスの良さにも注目
また、メンバーのルックスの良さに定評のある乃木坂46において、伊藤理々杏、梅澤美波、久保史緒里、山下美月、与田祐希のかわいさは、やはり目を引く。山下は実際、白石麻衣が専属モデルを務める女性ファッション誌『LARME』にいち早く登場。ふんわりと柔らかい、ガーリーな雰囲気をまとっている。伊藤は愛らしい小動物といった印象があり、久保は折に触れて憂いを含んだ表情を見せる。さらに、梅澤は大人っぽく長身で、将来的にモデルもこなせそうだ。与田は、下校中にイノシシに遭遇するといった田舎っぺエピソードとチャーミングなルックスとのギャップが憎めない。

冠番組で、意外なキャラクターも発見!?
一方、「乃木坂工事中」(テレビ東京)、「NOGIBINGO!8」(日本テレビ)といった乃木坂46の冠番組では、何事にも全力投球な向井葉月が、三期生きってのバラエティ・クイーンぶりを発揮。「乃木坂工事中」では「画伯」ぶりを発揮した阪口珠美、浴槽に浸かりながら冷凍みかんを食べるという佐藤楓、そして生駒里奈と「お囃子セッション」を披露した中村麗乃の姿も心に残った。

最後は、最年少の岩本蓮加と、最年長の吉田綾乃クリスティー。岩本は実年齢よりも大人っぽい雰囲気があり、ヒップホップ・ダンスや新体操の経験者。吉田はおっとりしたお姉さんキャラで、実は生粋の日本人。生まれた時にハワイで暮らす計画があり、日米どちらでも使える名前がつけられたという。

5月24日には3rdアルバム「生まれてから初めて見た夢」をリリースする乃木坂46。同作には既発の「裸足でSummer」「サヨナラの意味」などに加え、新曲の1曲として三期生のみの「思い出ファースト」も収録(初回生産限定盤のみ)。加えて、5月27日には3,000人の観客を無料招待する「乃木坂46 3rdアルバム発売記念“三期生単独公演”」が、日比谷野外音楽堂で行われる。三期生の活躍とともに、今後ますます乃木坂46から目が離せそうにない。

文/兒玉常利@アドバンスワークス
【関連記事】


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170529-00010000-dmenueiga-movi
※この記事の著作権は配信元に帰属します





ご訪問ありがとうございます。


⇒ 【27日間ヒップホップダンス上達プログラム】 運動音痴&リズム感ゼロのダンス未経験者がスクールやスタジオに一切通わず自宅練習で27日間後、3年以上スクールに通っている生徒を横目に、イベントのセンターを張れるほどのダンサーに生まれ変わった!!


ヒップホップダンス指導革命【ダンス必修化で、お困りの中学校の先生へ。明日から授業で使える指導法】DVD2枚組


フランス生まれの“才女”に注目!伝説のダンサーの人生を描いた『ザ・ダンサー』
ようこそ、いらっしゃいませ。




作品選びに欠かせないポイントと言えば、キャスティングもその一つ。美男美女の共演となれば、自然と胸がときめくのではないでしょうか。6月3日公開の『ザ・ダンサー』は、ソーコ、リリー=ローズ・デップ、ギャスパー・ウリエルという今や世界で活躍するフランス生まれの美形スター3人の共演が実現。19世紀末、キュビズムなどの新たな文化が花開いたパリでロダンやジャン・コクトーら多くの芸術家たちを魅了した伝説のミューズ、ロイ・フラーの人生がまさに美の共演で鮮やかに描かれています。

【画像】『ザ・ダンサー』に出演のリリー・ローズと父ジョニー・デップ

美しきダンスと演技で、天才ダンサーの激動の人生を描写
田舎町の出身でありながら、女優になることを夢見てアメリカからフランスへと渡り、ダンサーとしての才能を開花させるロイ・フラー。『ザ・ダンサー』は、様々な苦境を乗り越え、努力の末に成功を手にした彼女の激動の人生が、魂の舞ともいうべきダンスとともに描かれます。そんな山あり谷ありの人生ドラマも、キャストの好演があって初めて観客の心を打つもの。本作で主要キャストに起用された俳優たちは、見事にすばらしい演技を披露しています。しかも、映画ファンにはたまらない、フランスの美しきスターたちの競演が実現しているのです。

伝説のミューズ役はミュージシャンとしても活躍中の才女
まず、主役のロイを演じたのは、フランスの有望若手女優として人気上昇中のソーコ。女優業のみならずミュージシャンとしての才能も発揮している彼女は、国際女性デーのためにマドンナが制作したショートフィルム『Her Story』で、マドンナとコラボしたことでも大きな話題を集めました。まさに注目の才女といえる彼女ですが、今回の役で見せてくれるのは体当たりの演技。体を酷使するロイのダンスを完璧にマスターすべく、彼女は1日6時間、1ヵ月間に渡ってみっちりレッスンを積んだそう。シルクの衣裳を身にまとい、幻想的な照明に照らされて踊る彼女の姿は神々しいほどの美しさです。

フランス生まれの“才女”に注目!伝説のダンサーの人生を描いた『ザ・ダンサー』
(C) 2016 LES PRODUCTIONS DU TRESOR - WILD BUNCH - ORANGE STUDIO - LES FILMS DU FLEUVE - SIRENA FILM
ロイのライバル役を演じるのは、あの名優の娘
一方、ソーコ扮するロイのライバル役を演じるのは、リリー=ローズ・デップです。ご存知の方も多いと思いますが、リリーの母親はかつて世界を魅了したフランスの美女スター、ヴァネッサ・パラディで、父親はあのジョニー・デップ。いわば映画界のサラブレットともいうべき彼女ですが、ここではイサドラ・ダンカンというロイとともにモダン・ダンスの祖といわれる実在のダンサーを演じています。そのイサドラなのですが、ロイとは好対照な人物。ボーイッシュで見た目は地味なロイに対して、イサドラはそこにいるだけで周囲が華やぐような魅力を持つ、お嬢様タイプです。生まれる前からスターへの道が約束されたようなリリーにとって、生まれ持った美貌で周囲を魅了するイサドラ役はぴったり。リリーによって命を吹き込まれたイサドラは小悪魔的な魅力を振りまき、劇中で抜群の存在感を発揮しています。


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170527-00010003-dmenueiga-movi
※この記事の著作権は配信元に帰属します





ご訪問ありがとうございます。


⇒ ストリートダンスならどんなジャンルでも踊れる「KAZUのダンス必修可!」




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。