FC2ブログ




ストリートダンスやヒップホップダンスの大会やフェスの情報を集めました。


オディション情報



プロフィール

Aマーシー

Author:Aマーシー
ヒップホップダンスにかかせないダンスに関する話題や音楽をご紹介しています。

趣味・個人



最新記事



ストリートダンス教習



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ



QRコード

QR



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


<福岡・城東高校>キレキレ3連覇ダンスを復興支援で披露
ようこそ、いらっしゃいませ。




東日本大震災の被災者をダンスで励まそうと、福岡工業大付属城東高校(福岡市)のダンス部の部員たちが宮城県内の被災地を訪問した。「震災のことを知ってほしい」というダンス部顧問の山田恵教諭の発案で2014年に始まった被災地訪問。3回目の今年は1~3年の部員計16人が参加した。

 訪れたのは12月22日から3日間。同部は、今夏にあった全国高校ダンスドリル選手権大会ヒップホップ女子スモール部門に出場し3連覇を果たした。部員たちは初日、震災で家族を亡くした遺族らが語り部をしている資料館「閖上の記憶」(名取市)を訪ねた。閖上中1年だった長男公太さん(当時13歳)を失った丹野祐子さんは当時の様子を振り返り、資料館に展示している遺品などを紹介しながら防災の大切さを訴えた。

 3年続けて参加している同高3年の北原美咲さん(18)は「初めて来た時は何も言えない状態だった。3回目になるけどいつ見ても感じることは一緒。涙が止まらなかった」と目頭を押さえた。部員たちのダンスパフォーマンスを見た丹野さんは「生きている人たちへの支援は今も続いているが、亡くなった子どもたちにダンスを踊ってくれるのは彼女たちだけ。その気持ちがとてもありがたい」と話した。

 また、部員たちは23、24の両日、名取市のゆりあげ港朝市や亘理町の復興支援イベントでヒップホップダンスを披露した。山田教諭は「楽しみに待ってくれている人もいる。そういう人のためにも今後もこの活動を続けたい」と話した。【升谷志摩】


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161229-00000019-mai-soci
※この記事の著作権は配信元に帰属します





ご訪問ありがとうございます。


⇒ 【27日間ヒップホップダンス上達プログラム】 運動音痴&リズム感ゼロのダンス未経験者がスクールやスタジオに一切通わず自宅練習で27日間後、3年以上スクールに通っている生徒を横目に、イベントのセンターを張れるほどのダンサーに生まれ変わった!!

ヒップホップダンス指導革命【ダンス必修化で、お困りの中学校の先生へ。明日から授業で使える指導法】DVD2枚組

スポンサーサイト

バトル大会東日本は二松学舎大付V2 高校ダンス部選手権
ようこそ、いらっしゃいませ。




「第9回日本高校ダンス部選手権」バトル大会の東日本大会(産経新聞社、ストリートダンス協会主催)が26日、東京都渋谷区の文化総合センター大和田さくらホールで行われ、二松学舎大付(東京)のチーム「Butterfly effect」が2年連続で優勝に輝いた。

 大会には27校41チームが参加。3人1チームで交互に演技を披露する「スリー・オン・スリー」と呼ばれる対戦形式で行われた。3回戦以降は、曲に合わせて即興で踊るルールになり、ダンスの技術と適応力を競った。

 そのほかの結果は次の通り。

 準優勝=幕張総合(千葉)「DOHOPS」▽3位=関東第一(東京)「IRis crew1」、八王子東(同)「有志B」▽入賞=橘(同)「Yu.S.A」、日体大荏原(同)「DANCE WARS」、東野(埼玉)「CRAZY SHINee」、浜松東(静岡)「Betty」


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161227-00000075-san-soci
※この記事の著作権は配信元に帰属します





ご訪問感謝します。


⇒ 【27日間ヒップホップダンス上達プログラム】 運動音痴&リズム感ゼロのダンス未経験者がスクールやスタジオに一切通わず自宅練習で27日間後、3年以上スクールに通っている生徒を横目に、イベントのセンターを張れるほどのダンサーに生まれ変わった!!

安中総合学園ダンス部、全国大会で初優勝 女子部員43人、完全燃焼 群馬
訪問ありがとうございます。





 ■来年2月自主公演 「追われる立場」練習に熱

 安中総合学園高校ダンス部が9月18日に北九州市で開催されたストリートダンス日本一を決める「第6回全日本高校チームダンス選手権大会」で初優勝した。同校にとり、8月の「第9回日本高校ダンス部選手権」(産経新聞社主催)ビッククラスのストリートダンス協会賞に続く快挙だ。同校は来年2月の自主公演に向け、猛練習を重ねる。

 ストリートダンスはその名の通り、ヒップホップやブレークダンスなどを路上で踊るもの。歴史は浅いが、若者に人気が高い。

 ダンス部は、平成21年に同好会として発足、翌22年に部に昇格後23年から全国大会に連続出場している。

 立ち上げ時から指導する青木一由監督(38)と妻の沙貴さん(29)、OGで現役ダンサーの坂本奈々さん(22)の3人でチームを鍛え上げ、念願の優勝に導いた。

 1年から3年までの43人の部員は全員が女子。平日午後4時から7時半、休日も7時間の練習漬けだ。

 青木監督は「どこにも負けないくらい練習し、優勝できると確信していた。決まった瞬間、初代からのメンバーの顔が走馬燈のように浮かんだ。みんな厳しい練習をよく頑張った。これも多くの人の協力のおかげ」と振り返った。

 大会では病院をテーマに医師やナースに扮し、ヒップホップで臨んだ。部内のオーディションで選ばれた17人が3分の演技で完全燃焼、栄冠をつかんだ。

 ダンス歴12年のキャプテン、高橋明日香さん(17)は「全員のダンスが最後まで形と勢いが乱れなかった。厳しい練習が報われた」と言い、部長の白石柚花さん(17)は「先輩たちの目標が達成できて本当にうれしかった。泣きながら練習したこともあった。OGや支えてくださった方々に感謝したい」との言葉も忘れなかった。

 高橋さんは「これからは追われる立場」と語り、来年2月に地元で開催する自主公演に向けて表情を引き締めた。

 全国の頂点に立ったことで、男子部員の勧誘にも弾みがつきそうだ。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161004-00000019-san-l10
※この記事の著作権は配信元に帰属します





またおいでくださいませ。


【27日間ヒップホップダンス上達プログラム】 運動音痴&リズム感ゼロのダンス未経験者がスクールやスタジオに一切通わず自宅練習で27日間後、3年以上スクールに通っている生徒を横目に、イベントのセンターを張れるほどのダンサーに生まれ変わった!!

【高校ダンス部選手権】安中総合学園がストリートダンス協会賞
こんにちは。
ダンス最高です(*^^)v




 横浜市のパシフィコ横浜で17日に開催された「第9回日本高校ダンス部選手権(スーパーカップダンススタジアム)」全国大会のビッグクラス(13人以上)に県内から県立安中総合学園が出場し、ストリートダンス協会賞を初受賞した。

 同クラスで2年ぶり4回目の出場となる安中総合は、病院をテーマにストーリー性のある演技で会場を沸かせた。セリフを織り交ぜた楽曲に乗せ、逃げ惑う患者を医師やナースが追いかけるシーンが見せ場で、振り付けで焦りや恐怖、女性らしさを表現した。

 ストーリー性を前面に出した構成だが、「技でも魅せたい」と細部にもこだわり、腕を大きく回す大技も繰り出した。3年でチームリーダーの高橋明日香さん(17)は「演技を終え、私たちが1番だと思えた」と満足していた。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160818-00000015-san-l10
※この記事の著作権は配信元に帰属します





ご訪問ありがとうございます。


【27日間ヒップホップダンス上達プログラム】 運動音痴&リズム感ゼロのダンス未経験者がスクールやスタジオに一切通わず自宅練習で27日間後、3年以上スクールに通っている生徒を横目に、イベントのセンターを張れるほどのダンサーに生まれ変わった!!

ヒップホップダンス指導革命【ダンス必修化で、お困りの中学校の先生へ。明日から授業で使える指導法】DVD2枚組


【高校ダンス部選手権】北九州市立高、明るい「夏」で優秀賞
ようこそ、いらっしゃいませ。





【高校ダンス部選手権】北九州市立高、明るい「夏」で優秀賞
明るく勢いのあるダンスで「夏」を表現した北九州市立の生徒たち=横浜市西区のパシフィコ横浜(宮崎瑞穂撮影)(写真:産経新聞)
 横浜市のパシフィコ横浜で17日に行われた「第9回日本高校ダンス部選手権(スーパーカップダンススタジアム)」全国大会のビッグクラス(13人以上)は九州地区から福岡県の2校が出場した。軽快なダンスで躍動した北九州市立が優秀賞を獲得、精華女子は惜しくも入賞を逃した。

 北九州市立は、青や赤などを基調としたアロハシャツに白いズボンの涼しげな姿で登場し、ステージいっぱいに「夏」を表現した。ブレイクダンスにさまざまなジャンルの踊りを織り交ぜ、ノリの良い曲に合わせて明るく勢いのあるパフォーマンスで魅せた。

 部長の3年、大西正悟さん(17)は「120%の演技で完璧でした。とても充実した時間でした」と満足そうに話した。

 精華女子は「Addicted to you(あなたに夢中)」をテーマに、自分たちを思ってくれる人への感謝の思いも込めて演技した。後半に白いシャツを脱ぎ捨てて「殻を破った自分」を表現。女性ならではのかわいさやたくましを力強いダンスで伝えた。

 部長の3年、平山霞那(かな)さん(17)は「自分たちの力を出し切ることができた。楽しかったです」と笑顔をみせた。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160818-00000025-san-l40
※この記事の著作権は配信元に帰属します





お読みいただきありがとうございます。


ヒップホップダンス指導革命【ダンス必修化で、お困りの中学校の先生へ。明日から授業で使える指導法】DVD2枚組



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。