FC2ブログ




ストリートダンスやヒップホップダンスの大会やフェスの情報を集めました。


オディション情報



プロフィール

Aマーシー

Author:Aマーシー
ヒップホップダンスにかかせないダンスに関する話題や音楽をご紹介しています。

趣味・個人



最新記事



ストリートダンス教習



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ



QRコード

QR



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ストリートダンサーを募集 杉原邦生×柴幸男×北尾亘の舞台版『IWGP』 
訪問ありがとうございます。




舞台『池袋ウエストゲートパーク Song and Dance』が12月23日から東京・池袋の東京芸術劇場、2018年1月19日から兵庫・兵庫県立芸術文化センターで上演される。

【もっと大きな画像を見る】

宮藤官九郎の脚本によるドラマ版でも知られる石田衣良の小説『池袋ウエストゲートパーク』を舞台化する同公演。脚本・作詞に柴幸男(ままごと)、演出に杉原邦生(KUNIO)、振付に北尾亘(Baobab)を迎え、2013年から上演に向けたワークショップが開催されていた。

公演は歌とダンスを中心に展開。ストリートダンスカンパニーによって、対立するチームの争いをダンスバトルとして表現するシーンが舞台のハイライトとなり、毎公演、舞台の幕開け時と終盤に2組のカンパニーが登場してバトルを展開する。上演に際してこのシーンに出演するストリートダンスカンパニーを募集。応募締切は8月11日となる。募集要項の詳細は東京芸術劇場のオフィシャルサイトをチェックしよう。

■杉原邦生のコメント
『池袋ウエストゲートパーク ソング&ダンス』は、2013年・15年度と2回にわたって上演の可能性を探るクリエーションワークショップを重ねてきました。
そして、今回いよいよ劇場公演としての上演が決定しました!
石田衣良さんの原作に描かれた〈池袋〉という名の〈世界〉は、20年前と何もかもが変わってしまったようでいて、何ひとつ変わっていない気がします。
だから、いまも読む人の心を掴んで離さないエネルギーがあるのです。
今回は初の劇場公演として、僕が絶大な信頼を置いているクリエイターと、フレッシュでパワー漲るキャストとともに、舞台でしか成し得ない新たな『池袋ウエストゲートパーク』をつくり上げます。
また、将来的には大劇場での上演も視野に入れ、池袋ウエストゲートパーク(池袋西口公園)前にそびえ立つ東京芸術劇場の看板演目のひとつになれるよう、この作品を成長させていければと思っています。
真冬の池袋でブチかまします!ぜひ楽しみにしていてください!!

CINRA.NET


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170626-00009886-cinranet-ent
※この記事の著作権は配信元に帰属します





ご訪問ありがとうございます。


小銭入れが無料でもらえる財布屋
小銭入れを無料で貰う方法



スポンサーサイト

吉柳咲良、ピーターパン抜てき!女優デビュー
ようこそ、いらっしゃいませ。




昨年のオーディション「ホリプロタレントスカウトキャラバン」で、史上最年少のグランプリに輝いた吉柳咲良(12)が、ミュージカル「ピーターパン」(7月24日から東京国際フォーラムなど)の10代目ピーターパンに抜てきされたことが5日、分かった。

【写真】柳田咲良さん最年少受賞 石原さとみ真似ガール

 女優デビュー作となる。同キャラバンのグランプリ受賞者がピーターパンに決まったのは、初代の榊原郁恵(57)以来36年ぶり。

 ◆吉柳咲良(きりゅう・さくら)本名・柳田咲良。2004年(平16)4月22日、栃木県生まれ。女優に憧れ、6歳からヒップホップダンスを始める。16年「第41回ホリプロタレントスカウトキャラバン」でグランプリを受賞。好きな食べ物はセロリとみそ汁。チャームポイントはネコ目。149センチ。血液型B。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170206-01775050-nksports-ent
※この記事の著作権は配信元に帰属します





ご訪問ありがとうございます。


⇒ ストリートダンスならどんなジャンルでも踊れる「KAZUのダンス必修可!」

オーディションに16人 よっしゃ来い公式ダンスチーム
訪問ありがとうございます。




魚津市で毎年春に行われる「よっしゃ来い!!CHOUROKUまつり」の実行委員会(高下峰則委員長)は25日、公式ダンスチーム「9POWER(ナインパワー)」のメンバーを決めるオーディションを、同市の新川学びの森天神山交流館で行った=写真。

 オーディションには市内外の子ども16人が参加した。元気にあいさつした後、決められた音楽に乗って踊った。高下委員長やプロダンサーの計6人が技術や地域を盛り上げたい気持ちを基準に審査した。

 選ばれたメンバーは、魚津伝統のせり込み蝶六踊りをアレンジした「よっしゃ来い!!CHOUROKU」を来年の本番で披露するほか、他のイベントでもPRする。

北日本新聞社


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161225-00068642-kitanihon-l16
※この記事の著作権は配信元に帰属します





ご訪問ありがとうございます。


⇒ 【27日間ヒップホップダンス上達プログラム】 運動音痴&リズム感ゼロのダンス未経験者がスクールやスタジオに一切通わず自宅練習で27日間後、3年以上スクールに通っている生徒を横目に、イベントのセンターを張れるほどのダンサーに生まれ変わった!!

ヒップホップダンス指導革命【ダンス必修化で、お困りの中学校の先生へ。明日から授業で使える指導法】DVD2枚組


グランプリは女優&写真家の19歳・飯田祐真 映画『TOKYO CITY GIRL』ヒロイン役最終オーディション
訪問ありがとうございます。




オムニバス短編映画『TOKYO CITY GIRL』(今秋公開)の「マイナビウエディング」篇に出演するヒロイン役最終オーディションが、17日にJOL原宿にて行われ、女優&写真家として活動する飯田祐真(19歳)がグランプリに輝いた。

【写真】『TOKYO CITY GIRL』ヒロインオーディションの模様

 同作品は、2015年、新進気鋭の監督6人が武田梨奈をはじめ、注目の若手女優とタッグを組んだ『TOKYO CITY GIRL』の第二弾。今作は、マイナビが運営する「マイナビウエディング」「マイナビ賃貸」「マイナビバイト」とコラボしたショートムービー3部作を制作。

「マイナビウエディング」篇のヒロイン役をかけた今回のオーディションは、2015年9月5日~11月30日まで、プロ・アマ不問で12歳~35歳の女性を幅広く募集。応募総数1,658名の中から予選を勝ち抜いたファイナリスト10名が、最終審査に進んだ。最終審査では、若者を中心に原宿JOLに訪れた大勢の一般客が見守るなか、一人ずつ自己PRと演技審査を実施。

 グランプリを受賞した飯田は、女優として活動している一方で、写真家としても活動中ということで、自己PRでは自身が撮影した写真をパネルにして紹介。「普段はフィルムカメラを使って、主にポートレートを撮影しているほか、アーティストさんのライブやアーティスト写真を撮影しています」と語り、「“写真をやっている”と言うと、文化的なイメージを持たれたりするんですが、幼少期からヒップホップダンスやチアリーディングをやっていたので、体を動かすことは得意です!」と自信をのぞかせる。

 さらに「台本を読んで私と(ヒロイン役には)通じるものが多いと感じました。なので、絶対にこの役は私がやりたいと思いました。ぜひ、私を選んでください!」と力強くアピール。その他のファイナリストたちも、オーディションに挑む想いや決意などを熱く語り、“一人ミュージカル”や“ミッキーマウスの声まね”“力強いダンス”など、それぞれ個性豊かな自己PRを披露していた。

 厳正なる審査の結果、グランプリ発表で名前を呼ばれた飯田は「”絶対に獲ってやる!”と思って、ここ原宿に来たので、すごく嬉しいです。前作も拝見しましたが、出ている方々が演技派の女優さんばかりだったので、私もその仲間入りができるのかなと、とても嬉しく思います」と喜びを噛みしめ、「私が出るからには、絶対いい作品にしたいなと思います。みなさんぜひ観てください!」と笑顔でコメント。さらに「この映画を機にどんどんステップアップしていきたいです」と意気込みを語った。

 また、ファイナリストの中から、“2代目マイナビウエディングガール”が選出されることがサプライズ発表され、モデルを中心に活動中の金城茉奈(19歳)が選ばれた。“初代マイナビウエディングガール”を務める飯豊まりえから、今年の秋に引き継ぎ、今後『マイナビウエディング』のCM等で活躍していく予定。名前を呼ばれた瞬間、両手で顔を覆い驚きを隠せない様子だった金城は「飯豊さんのCMも見ていたので、自分もなれたらいいなと思っていました。すごく嬉しいです。感激です!」と満面の笑みを浮かべた。そして、この日惜しくも「合格」とならなかったファイナリストたちに関しても「全員、3部作のうちどれかに出演していただこうと思います」と、最後の最後にサプライズで発表され、和やかなムードで最終審査の幕が閉じた。

 さらに、この日は最終審査の合間、本作に出演する男性キャスト第一弾として、栗原類と宮城大樹が登場。前作を観たという栗原は「女性を力強く繊細に描かれている作品で、監督一人一人によって描く女性がまったく違う。今度の作品がどんな個性のぶつかり合いになるのか楽しみ」と期待に胸を躍らせる。また、今回のオーディションで選ばれた二人に対して「オーディションに受かったということは、チャンスがきたということ。このチャンスをものにして、これからどんどん更なる道へ進んで頑張っていただきたいと思います」とエールを贈った。一方の宮城は「僕がこの作品のオーディションを受けたときは、普通の部屋で少人数の中でやったんですが、それでも緊張したのに、今日こんなに大勢の前で、みなさんちゃんとお芝居ができていて、すごいなと。尊敬しました」とファイナリストたちの芝居に圧倒された様子だった。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160119-00000363-devi-ent
※この記事の著作権は配信元に帰属します





またおいでくださいませ。


【27日間ヒップホップダンス上達プログラム】 運動音痴&リズム感ゼロのダンス未経験者がスクールやスタジオに一切通わず自宅練習で27日間後、3年以上スクールに通っている生徒を横目に、イベントのセンターを張れるほどのダンサーに生まれ変わった!!

ダンスと歌が武器の沖縄育ち22歳、安良波明里がティーンズダンサー募集
訪問ありがとうございます。




ダンスと歌が武器の沖縄育ち22歳、安良波明里がティーンズダンサー募集


音楽ナタリー 10月1日(木)17時0分配信










大阪生まれ沖縄育ちの22歳の新人アーティスト・安良波明里(あらはめいり)がストリートカルチャー情報誌「movement」と共同でオーディション企画「安良波明里『you!you!you!』一緒に踊ろう♪ティーンズダンサーオーディション」を開催することが決定した。

【この記事の関連画像をもっと見る】

幼い頃から沖縄民謡や三線に親しみ、琉球舞踊、ストリートダンスなどに熱中していた安良波。この夏には「a-nation stadium fes.」「神戸コレクション2015 A/W」にライブアクトとして出演するなど活躍の場を広げており、そのステージでも披露した「you! you! you!」はMBS・TBSで放送中の新ドラマ「JKは雪女」のオープニングテーマとして使用され、現在各サイトで配信されている。



オーディションへの参加資格は、中学生以上の10代男女。勝ち残ったファイナリストは11月1日に東京・新宿FACEで開催されるコンテスト「NEXT MOVEMENT&DANCE DANCE BATTLE 2015 FINAL」に“安良波明里スペシャルライブダンサー”として参加できるほか、11月28日に神奈川・横浜赤レンガ倉庫 1号館ホールで行われるダンス発表会「movement JAM」にも安良波と一緒に出演できる。



安良波明里 コメント

普段学校の部活でダンスの練習をしてるけどなかなか発表の場がない子、とにかくダンスが好きな子、みんなで一緒にステージに立つことでダンスを通じて繋がる人や環境の出逢いを大切に、一緒に楽しめたら嬉しいです!





http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151001-00000072-natalien-musi
※この記事の著作権は配信元に帰属します





お読みいただきありがとうございます。


ヒップホップダンス指導革命【ダンス必修化で、お困りの中学校の先生へ。明日から授業で使える指導法】DVD2枚組



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。