FC2ブログ




ストリートダンスやヒップホップダンスの大会やフェスの情報を集めました。


オディション情報



プロフィール

Aマーシー

Author:Aマーシー
ヒップホップダンスにかかせないダンスに関する話題や音楽をご紹介しています。

趣味・個人



最新記事



ストリートダンス教習



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ



QRコード

QR



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


部活動の成果を披露 横浜で「かながわ私学スプリングフェスティバル」
訪問ありがとうございます。




県内の私立学校に通う高校生・中学生が、歌やダンスなどを発表する「かながわ私学スプリングフェスティバル2017」が23日、ランドマークプラザサカタのタネガーデンスクエア(横浜市西区)で開かれた。同フェスティバル実行委員会の主催。

 私立学校に通う生徒の活動を広く発信することが目的で、今年初めて開催された。公募で集まった浅野、神奈川学園(いずれも同市神奈川区)、鶴見大付属(同市鶴見区)、法政二(川崎市中原区)、緑ケ丘女子(横須賀市)、湘南学園(藤沢市)の生徒約60人が、日ごろの部活動の成果を披露した。

 湘南学園軽音学部は、生徒5人が2曲を演奏。他校の生徒らからも声援が送られた。鶴見大付属バトン部は、バトンやフラッグを使った創作ダンスを元気に演技した。このほか、ジャグリングや合唱、ヒップホップダンスなども熱演され、保護者や学校関係者、買い物客ら約200人が大きな拍手を送った。また、私学教員有志によるバンド演奏、私学への助成増額などを求めるアピールも行われた。

 合唱部で参加した法政二高2年の生徒(16)は、「会場の上のフロアで立ち止まって見ている人もいて、緊張した。こういう場所で歌う機会はなかったので、聞いてくれてうれしかった」と笑顔で振り返っていた。


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170424-00017387-kana-l14
※この記事の著作権は配信元に帰属します





ご訪問ありがとうございます。


ダンス必須 ⇒ ストリートダンスならどんなジャンルでも踊れる「KAZUのダンス必修可!」


スポンサーサイト

めぐろパーシモンでダンスフェス「Meguro Dance Town」 SAMさんがプロデュース /東京
ようこそ、いらっしゃいませ。




めぐろパーシモンホール(目黒区八雲1)で12月17日・18日、ダンスフェスティバル「Meguro Dance Town 2016」が開催される。主催はネクストジャパン(下目黒1)、共催は目黒区芸術文化振興財団。(自由が丘経済新聞)

目黒発のダンスイベント「Meguro Dance Town 2016」ロゴマーク

 ダンスユニット「TRF」メンバーで、目黒区内でダンススクール「ソウルアンドモーション」を主宰するSAMさんプロデュースによる同イベント。ダンスを通じて芸術と文化の街・目黒を広く発信していきたいと企画されたもので、健康やコミュニケーション活性化の面でも効果が期待できる「ダンス」を幅広い年代に伝える場を目指すという。

 プログラムは、17日=目黒区を拠点に活動するダンスチームや団体による公募公演「ダンクロ2016」(※チケット完売)、18日=初心者から子ども、シニアまで参加できる「ダレデモdANCEワークショップ」、有名ダンサーたちが一堂に会するストリートダンス公演「GRAND SUM -represent- 」。

 SAMさん推薦のトップダンサーが講師を務める「ダレデモdANCEワークショップ」は、「アクティブシニア」(10時~12時、受講料3,000円)、「おかあさんといっしょ!わくわく親子」(12時30分~14時、3歳児以上とその保護者1組=2,000円)、「美と健康を手に入れよう!美Bodyダンス」(16時30分~18時、3,000円)の3クラスを用意する。申し込みは「ソウルアンドモーション」ホームページから、締め切りは12月15日(定員に達し次第、終了)。

 大ホールで開催する「GRAND SUM -represent- 」は、SAMさんをはじめ、TRFのETSUさん、CHIHARUさん、SOUL AND MOTION DANCE STUDIOのダンサーほかが出演。イベント広報担当者によれば、出演者にはアーティストのライブやテレビ番組へも多数出演するダンサー、ダンスの世界大会で数多くの入賞経験を持つプロダンサーたちもラインアップされているという。

 「SAMならではの豪華なダンサーが集結するので、これまでストリートダンスになじみのない方でも楽しんでいただけるはず。ぜひ新しい世界に足を踏み入れてみてほしい」と来場を呼び掛ける。

 公演時間は、午前の部(11時30分開演)、午後の部(16時開演)の2公演。料金は、自由席=3,500円、指定席・車いす席=4,000円。チケットはソウルアンドモーション、同ホールチケットセンターほかで取り扱う。

みんなの経済新聞ネットワーク


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161210-00000012-minkei-l13
※この記事の著作権は配信元に帰属します





ご訪問ありがとうございます。


⇒ ストリートダンスならどんなジャンルでも踊れる「KAZUのダンス必修可!」

ダンスフェス チームダンス・バトルコンテスト全国大会青森の2チーム全国頂点
訪問ありがとうございます。




ひろさき芸術舞踊実行委員会(岩渕伸雄代表)は21日、ストリートダンスの技を競い合う「弘前ダンスフェスティバル2016」を青森県弘前市のヒロロ4階市民文化交流館ホールで開いた。「チームダンス・バトルコンテスト全国大会」は弘前市の「NGB」が、今年初開催の「3on3ブレークダンス・バトルコンテスト」は県内から集まったチーム「Aomori top bboys」が頂点に立った。
 6回目となる今回は、両コンテストに全国各地から延べ223人が出場。世界で活躍するダンサー・野中泰輔さんや菊地教稔さんら12人が審査員を務めた。
 両コンテストで予選を行い、決勝トーナメントに進む8チームを選出。チームダンスは自由に踊る個人を審査し、全員の合計評価が高いチームを、3on3ブレークダンスは、2~3人のチームが対面して1人ずつ交互にダンスを披露、技術や団結力の高いチームを選んだ。
 出場者たちはリズミカルな音楽に合わせ、相手を圧倒するようなダイナミックなダンスを展開。難易度が高い技が決まると大きな歓声が起こり、会場が盛り上がった。
 神奈川県から友人と参加した大学生の奥友吾さん(21)は「街の中で人が集まってダンスができる環境がすごい。ありがたい」と話していた。

東奥日報社


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160524-24114407-webtoo-l02
※この記事の著作権は配信元に帰属します





ご訪問ありがとうございます。


【27日間ヒップホップダンス上達プログラム】 運動音痴&リズム感ゼロのダンス未経験者がスクールやスタジオに一切通わず自宅練習で27日間後、3年以上スクールに通っている生徒を横目に、イベントのセンターを張れるほどのダンサーに生まれ変わった!!

ヒップホップダンス指導革命【ダンス必修化で、お困りの中学校の先生へ。明日から授業で使える指導法】DVD2枚組


ふなばし市民まつり「ジョイ&ショッピングフェア」 本町通りが歩行者天国に
ごゆっくりご覧ください。




ふなばし市民まつり「ジョイ&ショッピングフェア」 本町通りが歩行者天国に /千葉


みんなの経済新聞ネットワーク 7月30日(木)17時1分配信










 JR船橋駅南側に位置する本町・宮本通りで7月25日、「第48回ふなばし市民まつり」の「ジョイ&ショッピングフェア」が開催された。(船橋経済新聞)

たくさんの人でにぎわう本町通り

 主催は船橋市や商工会議所など6団体による、ふなばし市民まつり実行委員会。「ふなばし市民まつり」は7月24日~26日の3日間にかけて行われ、2日目の「ジョイ&ショッピングフェア」では多数の団体が出店し、本町・宮本通りが丸ごとショッピング空間となった。



 同会場内の「おまつりステージ」では8団体のダンスチームによるストリートダンスと1チームのバンド演奏が披露され、大勢の観客で盛り上がりをみせた。そのほか、ふなばし産品ブランドや特産品を販売する「ふなばしコーナー」、年金や不動産など暮らしのことが相談できる「くらしのコーナー」、制服を着て写真撮影もできる「警察コーナー」、スライム作りなどができる「児童ホームコーナー」、「和太鼓・演武コーナー」、「ジョイ&スポーツコーナー」なども多くの人で賑(にぎ)わった。



 市内北本町から参加した30代の子連れの女性は、「市民祭りに土曜に来たのは初めて。こんなにたくさんの品が安く買えるとは知らなかった。来年も必ず来たい」と笑顔で話した。





みんなの経済新聞ネットワーク






http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150730-00000060-minkei-l12
※この記事の著作権は配信元に帰属します





ご訪問ありがとうございます。


【27日間ヒップホップダンス上達プログラム】 運動音痴&リズム感ゼロのダンス未経験者がスクールやスタジオに一切通わず自宅練習で27日間後、3年以上スクールに通っている生徒を横目に、イベントのセンターを張れるほどのダンサーに生まれ変わった!!

いわきで公園イベント「パークフェス」 サンバチームの参加も
訪問ありがとうございます。




いわきで公園イベント「パークフェス」 サンバチームの参加も /福島


みんなの経済新聞ネットワーク 7月22日(水)7時0分配信










 平中央公園(いわき市平三崎)で7月12日、「アリオスパークフェス2015」が開かれた。(いわき経済新聞)

キッズ向け「水風戦」の様子

 4月から11月まで毎月1度開かれる同イベント。公園に車を直接乗り入れて出店するスタイルが特徴で、使用する電源は自然エネルギーの発電車で供給する。



 同日のライブステージでは、郡山市からサンペイシュンスケさん、福島市から佐藤漂白剤、本田雅人さん、東京から僕とモンスター、日立市からしばたりえずバンドの計5組が演奏を披露。2014年7月に結成したサンバチーム「いわきベレーザ」のステージショーも行われ、ブラジル料理の店も出店した。

 

 ライブステージ脇のスペースでは、福島発の夏のスポーツ「水風戦」のキッズ向け体験ブースが設置され、約100人の子どもたちが大はしゃぎする姿が見られた。



 今年2回目となるパークフェスプロレスでは、プロレス対キックボクシングの異種格闘技戦も行われ、盛り上がりを見せた。



 ダンスステージでは先月に引き続き、「フラガールズ甲子園」とのコラボ企画としていわき総合高校、好間(よしま)高校、小名浜高校の3校がフラダンスを披露。ストリートダンスチームやフラダンスチーム、地元アイドルグループ「Baby Tiara(ベイビー・ティアラ)」、バルーンアートのNOZOMIさん、フレアバーテンディングのYOKOTAさんが出演した。



 今回は全54店舗が出店し、新規出店が過去最高の14店舗となった。



 フェス終了後、湯淺瑞樹実行委員長は「梅雨シーズンということもあり直前まで天気の心配をしていたが、当日は晴れて真夏の暑さとなった。来月は平七夕祭りの翌日開催となるが、ぜひ足を運んでほしい」と呼び掛ける。



 次回は8月9日。開催時間は11時~16時。荒天中止。





みんなの経済新聞ネットワーク






http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150722-00000004-minkei-l07
※この記事の著作権は配信元に帰属します





またおいでくださいませ。


【27日間ヒップホップダンス上達プログラム】 運動音痴&リズム感ゼロのダンス未経験者がスクールやスタジオに一切通わず自宅練習で27日間後、3年以上スクールに通っている生徒を横目に、イベントのセンターを張れるほどのダンサーに生まれ変わった!!


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。