FC2ブログ




ストリートダンスやヒップホップダンスの大会やフェスの情報を集めました。


オディション情報



プロフィール

Aマーシー

Author:Aマーシー
ヒップホップダンスにかかせないダンスに関する話題や音楽をご紹介しています。

趣味・個人



最新記事



ストリートダンス教習



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ



QRコード

QR



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


学校の授業でダンスやるのダサくない? 有名振付師の答えが深かった 「必修化がダサい」
訪問ありがとうございます。




中学校でダンスが必修になって、はや4年。やっぱりちょっと気になるので、聞いてみたい。「学校の授業でダンスをやるって、ダサくないですか?」。(朝日新聞東京社会部記者・原田朱美)

【画像】ジュリアナ・マハラジャ…ディスコで踊り明かすバブルな人々

学校とヒップホップは両立するのか?
 学校って、「ちゃんとしなさい」「ふざけてはいけません」と言われまくる空間です。

 そんな「ザ・真面目」な場所で、体でリズムを刻むヒップホップダンスって、両立しなさそうです。

 思い切って質問をぶつけた相手は、振り付けユニット「振付稼業air:man」の杉谷一隆さん。

 「振付稼業air:man」は、いきものががりの「じょいふる」など、それはもうたくさんのアーティストの楽曲やCM、ライブの振り付けを担当してきた、有名な振付師集団です。

 彼らは、2014年に学校の授業で使うことを想定した「振付稼業air:manの踊る教科書」(東京書籍)を出版しました。

 実際に、学校にも行っているそうです。

必修化がダサい
――学校っていう真面目すぎる空間で、しかも授業でダンスをやるって、ダサくならないでしょうか?

【杉谷】
うーん。
学校で踊ることがダサいんじゃなくて、「必修化」っていうやり方がちょっとダサかったのかもしれませんね。

僕らとしても、ダンスの裾野が広がるのはうれしいんですが、必修化によってダンスを「やらされて」、嫌いになる子が出ないか、だとしたら諸刃の剣だなと危惧しています。
ダンスは楽しむものであって、悩むものではないのに。

学校でどう取り組んだら良いのかを提案したくて、本(踊る教科書)を出しました。

――シャイな子はダンスが苦手でしょうし、中学生って他人の目とかいろいろ気にするお年頃です。

【杉谷】
もし僕がいま中学生でも、「なんで先生に言われてダンスしなきゃなんないの?」って斜に構えたかもしれません。
でもね。
ダンスって本来は「教わるもの」じゃないんです

――と言いますと?

【杉谷】
いま子どもにとっての「ダンス」って、ダンススクールといった「習いごと」か、ひとつの「スタイル」を追求するためのダンスか、いずれにしても「教わるもの」「うまくなるもの」。でもそれは狭い価値観です。

ダンスって、リズムにのって、体を動かして、コミュニケーションをとる。それだけ。
本来、もっと日常にあるものです

――ありますかね?

【杉谷】
以前、テレビの企画で「人はなぜ踊るのか?」のこたえを探しに西アフリカのセネガルに行きました。
ヒップホップダンスの源流が西アフリカという説があるんです。

現地で、長老に「なんで踊るんですか?」って尋ねたら、
「逆におまえら、なんで踊らないの?」って聞き返されたんです。

もう、それが答えで。
リズムにのってみて、あわよくば動いてみてみんなが笑顔になって。それだけ。
例えば朝起きて、歯を磨いている時、音楽なんか聴くかもしれない。その時に歯ブラシの動きとリズムが合うかもしれない。それだけでいいんです。
楽しければ踊れば良いし、楽しくなきゃ、踊らなきゃいい。
ダンスってそういうものです。

――もっと自然な存在だと

【杉谷】
はい。日本各地に根付いている盆踊りだって、おじいちゃんおばあちゃんが孫に伝えて、みんなで踊って、っていうふうに日常にあるものでしょう? 

それが「学校!」「ダンス!」「ヒップホップ!」ってなるからぎゅっとかたくなってしまう。
先生が授業のために一生懸命にヒップホップダンスを覚えるとか、踊れる生徒が先生に教えてあげるとか、「教える」だと一方通行のコミュニケーションなんです


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161221-00000002-withnews-ent
※この記事の著作権は配信元に帰属します





ご訪問ありがとうございます。


⇒ 【27日間ヒップホップダンス上達プログラム】 運動音痴&リズム感ゼロのダンス未経験者がスクールやスタジオに一切通わず自宅練習で27日間後、3年以上スクールに通っている生徒を横目に、イベントのセンターを張れるほどのダンサーに生まれ変わった!!

ヒップホップダンス指導革命【ダンス必修化で、お困りの中学校の先生へ。明日から授業で使える指導法】DVD2枚組

スポンサーサイト

千葉で「子どもダンスワークショップ」 講師にISOPPさん、エグスプロージョン招く
こんにちは。
ダンス最高です(*^^)v




千葉市文化センター(千葉市中央区中央2)で11月13日、千葉市在住在学の小学校高学年から高校生を対象に「よしもとダンスエンターテイメント×子どもダンスワークショップ」が行われる。主催は、千葉市文化振興財団。(千葉経済新聞)

実技指導を行う講師のエグスプロージョン© YOSHIMOTO

文化芸術への親しみと創造性育成を目的に推進する「子ども若者文化支援事業」の一環。

 講座は全5回。講師には、よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属パフォーマーのISOPP(いそっぷ)さんとダンスユニット「エグスプロージョン」を招く。

 ISOPPさんはヒップホップなど要素を取り入れたストリートダンスを得意とし、DJなどの音楽活動も行っている。エグスプロージョンは、ダンスの振り付け講師や舞台俳優として知られる。

 講座の成果は、来年2月5日に千葉市民会館大ホールで開催する「ISOPP×エグスプロージョン×ひとりでできるもんChiba Special Live」で披露する。

 開講日は、11月13日、12月11日、1月8日・29日、2月4日。開催時間は、小学高学年&中学生コース=13時30分~14時30分。高校生コース=15時~16時。定員は各コース30人。

 受講料は1万円。申し込みは、はがき・ファクスで同センターまで。10月27日必着。

みんなの経済新聞ネットワーク


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161019-00000014-minkei-l12
※この記事の著作権は配信元に帰属します





ご訪問感謝します。


【27日間ヒップホップダンス上達プログラム】 運動音痴&リズム感ゼロのダンス未経験者がスクールやスタジオに一切通わず自宅練習で27日間後、3年以上スクールに通っている生徒を横目に、イベントのセンターを張れるほどのダンサーに生まれ変わった!!

TRFのSAMさん、高齢者向けにダンス開発 出身のさいたまで教室
ようこそ、いらっしゃいませ。




埼玉県さいたま市岩槻区出身で、音楽グループ「TRF」のダンサーとして活躍するSAM(サム)さんが、高齢者向けの新たなダンスを開発。同区の岩槻駅東口コミュニティセンターで行われた地元の高齢者を対象としたダンス教室で初公開した。ダンスの動きは体に過度な負担がないよう、医師の監修を受けて開発したもの。SAMさんは「ダンスを通じて、無理なく楽しみながら健康増進につなげてほしい」と願っている。

 教室には、地元の高齢者ら110人が参加した。

 まずは、いすに座ったまま入念なストレッチを行い、続いて前後左右の基本的な足のステップを練習。それらを組み合わせていくと、動きは徐々にダンスらしいものに。後半はそこに上半身の動きやキック動作を交え、動きを完成させていった。

 教室の終盤には、TRFのヒット曲「BOY MEETS GIRL(ボーイ・ミーツ・ガール)」をスローテンポにした音楽に乗せて、参加者全員が一連の動作を復習。ほぼ全員の参加者が、ダンスをマスターした。

 ダンスを監修した岩槻南病院の丸山泰幸院長(50)によると、運動は高齢者が介助なしで過ごせる「健康寿命」を延ばすために、心臓や関節への激しい負荷をかけることなく筋肉量を増やし、楽しみながら足腰が弱るのを防ごうとするもの。患者の声を取り入れ、SAMさんと話し合いながら効果的で無理のない動きを完成させたという。丸山院長は「一連の動作を覚えるのは認知症予防にもなり、体を動かすことは心と体の健康につながる」と言う。今後は、全国の高齢者に広めていきたいとしている。

 ダンスを初めて体験した同区の海野あきゑさん(81)は、「動きは体に良さそうで、とにかく楽しかった。老人会でも広めたい」と充実感を漂わせる。SAMさんは「皆さんが踊れてほっとした。ダンスを通じた社会貢献をしていきたい」と話していた。

 次回のSAMさんによる高齢者向けダンス教室は、6月15日に岩槻駅東口コミュニティセンターで開催予定。問い合わせは、SAMさんが代表理事を務める一般社団法人ダレデモダンス(電話03・6674・1250)へ。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160504-00010004-saitama-l11
※この記事の著作権は配信元に帰属します





ご訪問感謝します。


【27日間ヒップホップダンス上達プログラム】 運動音痴&リズム感ゼロのダンス未経験者がスクールやスタジオに一切通わず自宅練習で27日間後、3年以上スクールに通っている生徒を横目に、イベントのセンターを張れるほどのダンサーに生まれ変わった!!

「踊育」で子ども元気に 若松でヒップホップ教室
ようこそ、いらっしゃいませ。




「踊育」で子ども元気に 若松でヒップホップ教室


福島民報 5月13日(水)10時11分配信









 子どもや保護者がリズミカルなダンスに挑戦する「踊育(だんいく)~親子ヒップホップ教室@ふくしま」は11日、会津若松市の会津婦人会保育園で催された。園児らがリズムに合わせて体を動かす楽しみを肌で学んだ。

 日本ストリートダンススタジオ協会とダイドードリンコで組織する実行委員会の主催。震災被災地の子どもたちを対象とし、運動不足やストレスの解消を目的に平成25年度から行っている。今年度は県内11市町で展開している。

 11日は年度最初の活動で、会津婦人会保育園の園児約60人と親子8組16人が参加した。インストラクターの五十嵐修子さんの指導で、音楽に合わせて元気にヒップホップダンスの基礎を学んだ。「妖怪ウォッチ」のダンスなども行い、子どもたちは笑顔で体を動かしていた。

 同日は天栄村健康保健センター「へるすぴあ」でも開催した。





福島民報社






http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150513-00000013-fminpo-l07
※この記事の著作権は配信元に帰属します





お読みいただきありがとうございます。


ヒップホップダンス指導革命【ダンス必修化で、お困りの中学校の先生へ。明日から授業で使える指導法】DVD2枚組


世界的ダンサー・KENZOとフェアリーズがダンスを優しくレクチャー「RISING Dance School」
こんにちは。
ダンス最高です(*^^)v




世界的ダンサー・KENZOとフェアリーズがダンスを優しくレクチャー「RISING Dance School」


夕刊フジ 4月3日(金)16時56分配信










 6人組ガールズグループ・フェアリーズが、無料のオンラインダンスレッスン「RISING Dance School」の新コンテンツに登場。レッスン講師で所属事務所の先輩でもあるDA PUMP・KENZOのアシスタントとして、ストリートダンスの基礎を分かりやすく、丁寧にレクチャーしている。



 レッスンは、世界的ダンサーとして名高いKENZOが考案した「脳からの伝達で体を動かすトレーニング」を中心に全13回にわたり展開。普段しない人間からすると一見とっつきにくそうなダンスだが、KENZOは「基礎ができれば、初心者でもダンスはできるものになってくる。運動と一緒なんですよ。ここから日本のダンスシーンの底上げができれば」と意気込みを語る。



 アシスタントとして参加したフェアリーズの野元空は「ダンススクールに通う前にこれを見て学ぶのもいいし、既にスクールに行ってるけど、もう一回基礎を学びたい人にもいいのかなって思います」とPR。メンバーは口々に「将来、ファンの子たちと一緒にダンスレッスンしたい!」と目を輝かせた。



 KENZOは、フェアリーズの結成時からダンス指導・振付けを行っており、まさに彼女たちの先生的存在。「フェアリーズには、(他のグループが)真似できそうで真似できないレベルの振りを付けています。彼女たちは楽曲のカッコよさもあるし本格派。世界にも通用する、歌って踊れるダンサーになって欲しいですね」とエールを送り、「約4年前のデビューから、もの凄く成長しました。振りを憶えるのも早いしスキルも高い。これからも『ヤバイ、カッコイイ』と思ってもらえる最先端の振りを入れていきたい」と太鼓判を押した。









http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150403-00000015-ykf-ent
※この記事の著作権は配信元に帰属します





またおいでくださいませ。


【27日間ヒップホップダンス上達プログラム】 運動音痴&リズム感ゼロのダンス未経験者がスクールやスタジオに一切通わず自宅練習で27日間後、3年以上スクールに通っている生徒を横目に、イベントのセンターを張れるほどのダンサーに生まれ変わった!!


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。