ストリートダンスやヒップホップダンスの大会やフェスの情報を集めました。


オディション情報



プロフィール

Aマーシー

Author:Aマーシー
ヒップホップダンスにかかせないダンスに関する話題や音楽をご紹介しています。

趣味・個人



最新記事



ストリートダンス教習



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ



QRコード

QR



ダンスユニット3組、華麗な技で会場を魅了 ガレッジセールも驚き
ようこそ、いらっしゃいませ。




沖縄で開催中の『島ぜんぶでおーきな祭 第9回沖縄国際映画祭』内で21日、那覇市の波の上うみそら公園ステージで『ASIA DANCE AWARD』プロジェクト発表イベントが開催された。

【写真】パフォーマンスを披露した杏仁豆腐

 『ASIA DANCE AWARD』は、国内そしてアジアから世界へ向けて、ストリートダンスの新たなスターを送り出すべく始動したプロジェクト。きょうの発表を皮切りに、1年間を通してアジア全体で展開される。8月は日本と中国、9月はタイ、10月は韓国、11月はインドネシア、12月は台湾と、アジア各地で予選トーナメントを開催。来年2月に東京・EX THEATER ROPPONGIで、オールアジアの頂点を決めるファイナルステージを行う。

 この日パフォーマンスを披露したのは、全国トップクラスの人気・実力を誇るTwiggz Fam(ツイッグス・ファム)、杏仁豆腐、FOUNDNATION(ファウンドネイション)の3組。過去にダンスをかじっていたガレッジセールがMCを務めるなか、それぞれ異なる持ち味を存分に発揮した。

 最初に登場したツイッグス・ファムは、男性4人、女性1人の5人組。10年程前にLAで誕生した「クランプ」という新ジャンルの日本における先駆者的存在で、「“パンチ”みたいな踊り!」とガレッジセールの川田が表現した通り、拳を振りかざすダイナミックなモーションの連続。パワフルなステージで圧倒した。

 次に登場したのは、女性3人ユニットの杏仁豆腐。ブラックスーツ&ハットに身を包み。「ジャズヒップホップ」と呼ばれる躍動感あふれるダンスを、華麗にクールに、そしてセクシーに披露した。

 ラストを飾ったファウンドネイションは、さまざまなイベント・バトルで好成績を残しているブレイクダンスチーム。昨年、ソロの世界大会「Red Bull BC One」にて日本人としては初のチャンピオンとなったIsseiをメンバーとして迎え入れるなど、勢いのあるチーム。ブレイクダンス経験者のゴリが「IT企業くらい進化しすぎてて意味わからん」と驚くほど、複雑でスピーディーな技の数々を披露。エンディングにふさわしい見事なパフォーマンスで、イベントを締めくくった。


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170422-00000300-oric-ent
※この記事の著作権は配信元に帰属します





またおいでくださいませ。


⇒ 【27日間ヒップホップダンス上達プログラム】 運動音痴&リズム感ゼロのダンス未経験者がスクールやスタジオに一切通わず自宅練習で27日間後、3年以上スクールに通っている生徒を横目に、イベントのセンターを張れるほどのダンサーに生まれ変わった!!
スポンサーサイト

世界的ダンサーと吉本興業のダンス学校始動 沖縄出身19歳もブロードウェーへ第一歩
訪問ありがとうございます。




世界的に著名なダンサー、ヒントン・バトルさんがプロデュースするダンス・アカデミー「HBDA」の開校式が11日、東京都内であった。全国約400人の応募から勝ち残った1期生28人が入校。運営する吉本興業のタレントが盛り上げる中、沖縄県内から唯一選ばれた小林祐佳さん(19)=嘉手納町出身=も初レッスンで踊りを披露し、米ニューヨークのブロードウェーに立つ夢の第一歩を踏み出した。

この記事の他の写真・図を見る

 開校式に続き、初日からヒップホップやモダンなど約6時間半のレッスンを受けた小林さん。「めっちゃきつかったけど、振り付けやリズムの乗り方など全部が刺激的で、ただ単に楽しかった」と話した。バレエとタップを含めた4種類のダンスを最長3年間、無料で学ぶ。

 バトルさんは、米演劇界で最高の栄誉とされるトニー賞を3度受賞した経歴を持つ。吉本興業の大﨑洋社長は開校式で、30年前にバトルさんと初めて会った時の感動を語った。バトルさんは「学んできた全てを皆さんに教えます。きっと世界に通用する次世代のダンサーになる」と、28人に大きな期待を寄せた。

 司会はお笑いタレントの藤井隆さんら。HBDAへの入学がかなわなかったという、ゆりやんレトリィバァさんも飛び入り参加して盛り上げた。


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170413-00092940-okinawat-oki
※この記事の著作権は配信元に帰属します





ご訪問ありがとうございます。


⇒ ストリートダンスならどんなジャンルでも踊れる「KAZUのダンス必修可!」

渋谷・109メンズ、 ダンスシューズ店
ごゆっくりご覧ください。




109MEN'S(渋谷区神南1)が現在、春のリニューアルを進めている。(シブヤ経済新聞)

 3月に第1弾として「変化は怖くない。進化し続ける。」をテーマに、新規2店舗を含む10店舗をリニューアルした同館。4月新たに2店舗がオープンするほか、6店舗がリニューアル。期間限定店が1店舗オープンする。

 6階にはストリートダンスをコンセプトにしたシューズブランド「JADE」が出店。店舗面積は18.8坪。商品の価格帯は、シューズ=8,500円~2万円、トップス=3,000円~8,000円、キャップ=3,000円~4,000円ほか。ターゲットは18歳~25歳。オープン当日の15日(17時~20時)にはDJによるインストアライブを行う。

 翌16日には、スーベニアショップ「TOKYO CULT SOUVENIR」がオープン。「東京ストリートカルチャー」をテーマに、音楽やアート、ファッション、スケートボード、アニメ、コスプレなどを表現したTシャツ(2,500円~5,000円)を中心にラインアップする。

 そのほか、「違い」をテーマにした洋服を表現する「FUGA」、「ロック」「ミリタリー」「ネーティブ」をキーワードにアーバンカジュアルミックススタイルを提案する「Cook jeans」などが移転リニューアルする。

 今月22日からは、現在同館のビジュアルモデルを務めているロックバンド「UVERworld」とタワーレコードのコラボレーションショップが期間限定オープンを予定している。

 営業時間は10時~21時。

みんなの経済新聞ネットワーク


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170414-00000041-minkei-l13
※この記事の著作権は配信元に帰属します





またおいでくださいませ。


⇒ 【27日間ヒップホップダンス上達プログラム】 運動音痴&リズム感ゼロのダンス未経験者がスクールやスタジオに一切通わず自宅練習で27日間後、3年以上スクールに通っている生徒を横目に、イベントのセンターを張れるほどのダンサーに生まれ変わった!!

ダンスで若者呼び込め 相模原に無料スペース
ごゆっくりご覧ください。




無料でダンスを練習できる官民協力によるストリートダンススペースが相模原市緑区の橋本駅北口にオープンし、9日に除幕式が行われた。練習する人たちが自分たちの体の動きをチェックできるよう、市が壁面の4カ所、幅21メートルにわたって鏡を設置。管理運営は地元の商店街が行い、若者を街に呼び込む。

 ダンススペースが設置されたのは、商業施設と市営駐車場の間にある幅8メートル長さ70メートルほどの自由通路「杜(もり)のこみち」。鏡は、高さ2メートル幅6メートルのサイズが3面、幅3メートルが1面。それぞれ前面の床にタイルでダンススペースの枠を示した。

 名称は「NJHストリートダンススペース」。「N(仲間と)J(上手に交流しよう)H(橋本の)」の略だが、同所でストリートダンスを始めて現在はプロとして活躍する3人のダンサーの名前の頭文字にちなんでいる。

 除幕式にはその3人の「のりんご☆」「スヌーピーJ」「ひとりでできるもん」が参加。地元の県立相模原総合高校と県立橋本高校のダンス部やダンサー志望の小学生らに続いて、思い出の場所でダンスを披露した。

 利用者登録や管理運営を担う橋本商店街協同組合の古橋裕一理事長は除幕式で「新しいヒーロー(ダンサー)がここから生まれてくれれば」と期待する。

 自由通路の環境改善事業として市が空間を明るく広く見せる鏡の設置を検討したことから、商店街が若者を街に呼び込む無料のダンススペースの整備を提案し、実現した。通路に面した店舗の窓ガラスを鏡代わりにして踊りを練習する若者たちを排除するのでなく、街の活性化につなげる狙いという。

 利用は午前10時~午後10時。通行人とのトラブルを防ぎマナー順守を徹底させるため登録制とし、利用時には鏡の脇に登録カードを掲示する。登録など問い合わせは橋本商店街協同組合電話042(772)2543(平日のみ)。


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170411-00017057-kana-l14
※この記事の著作権は配信元に帰属します





お読みいただきありがとうございます。


⇒ ストリートダンスならどんなジャンルでも踊れる「KAZUのダンス必修可!」

八戸でダンスバトルイベント 50組60人がストリートダンス競う
訪問ありがとうございます。




八戸の八食センター(八戸市河原木)「くりやホール」で4月2日、ストリートダンスを競う「STREET UPDATE DANCE BATTLE@八食センター」が開かれた。(八戸経済新聞)

 同イベントは、2011年から始まり今回で3回目。世界的なダンサーMARI KODAさんの「ダンスの力で被災地にパワーを送ろう」という言葉や姿勢に共感して、ストリートアップデート事務局の春日知子さんらがイベントを立ち上げた。

 初回は2011年に「はちえきキャンバス」(八日町)でダンスワークショップを開催。2014年には、長者中学校(沢里)での特別授業や「はっち」(三日町)でダンスワークショップ、トークショーを行った。

 今回はダンスバトルの形式で行われ、50組60人以上がエントリー。会場内にはDJが音楽を流し続け、音楽に合わせて踊る観客の子どもたちの姿も見られた。バトルでは「Bboy solo」バトルでBboy Kfiawhiteさん、「Freestyle solo」バトルで「かりんとう」さんがそれぞれ激戦を制し勝者となった。

 春日さんは「小さい子どもたちにもダンスを楽しんでほしいので幼児は入場無料にした。B-boy系のアパレルブランドからも協賛をいただきここでしか手に入らないオリジナルグッズもある。ダンスだけではなくファッションでも盛り上げていきたい」と話す。

 スペシャルゲストにMARI KODAさんも訪れ、集まった約200人の観客は思い思いにダンスを楽しんだ。収益の一部は火災で焼失した蕪嶋神社(鮫町)の復興へ寄付した。

みんなの経済新聞ネットワーク


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170406-00000041-minkei-l02
※この記事の著作権は配信元に帰属します





お読みいただきありがとうございます。


⇒ ストリートダンスならどんなジャンルでも踊れる「KAZUのダンス必修可!」