ストリートダンスやヒップホップダンスの大会やフェスの情報を集めました。


オディション情報



プロフィール

Aマーシー

Author:Aマーシー
ヒップホップダンスにかかせないダンスに関する話題や音楽をご紹介しています。

趣味・個人



最新記事



ストリートダンス教習



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ



QRコード

QR



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


このブログは引っ越しました。ストリートダンスを本格的に身に付ける
ご訪問いただき感謝しております。
さてこのブログですが引っ越しをいたしました。
お手数ですが引っ越し先でご覧ください。

「ストリートダンスを本格的に身に付ける」 に引っ越しました。

このサイトは、http://hiphop-daz.net/hiphop36/ に引っ越しました。

This site has been permanently moved to  http://hiphop-daz.net/hiphop36/

今後も 「 ストリートダンスを本格的に身に付ける 」 をどうぞよろしくお願いします。
マーシー
2017年7月

スポンサーサイト

城フェス ダンスバトルに熱い歓声
こんにちは。
ダンス最高です(*^^)v




青森県弘前市を舞台にダンスのワークショップやバトルなどを繰り広げる「Red Bull BC One Camp&SHIROFES.(城フェス)2017」が2日、3日間の日程を終えた。最終日は弘前公園内でポップダンスバトルの世界大会「サムライ」などのダンスイベントが行われ、夏の弘前城を熱く沸き立たせた。
 城フェスは同市の広報戦略「弘前デザインウィーク」を推進するコンソーシアム(=連合体、会長・葛西憲之市長)が主催。サムライには世界トップレベルのダンサー8人が出場した。ステージ上で巧みな技が繰り出されるたびに客席から驚嘆の声と拍手が湧き起こった。
 白熱したバトルの末、グリーンテックさん(カナダ)が栄冠を手に。2対2のタッグで戦う「オールスタイルダンスバトル」には県内外から132人が参加し、グリーンテックさんとネルソンさん(フランス)のチームが優勝した。
 オールスタイルダンスバトルに出場した弘前市の横野冬馬さん(21)は「お城の前で踊るのは趣深いし、興奮する」。同市の太田昂佑さん(19)は「自分たちのダンスが、地元のイベントを盛り上げるのに一役買うことができてうれしい」と話した。
 県内の高校・大学などのダンスチームのステージや津軽三味線などの音楽ライブ、弘前城天守のプロジェクションマッピングなども行われ、公園内は終日歓声が絶えなかった。

東奥日報社


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170702-02221107-webtoo-l02
※この記事の著作権は配信元に帰属します





お読みいただきありがとうございます。


⇒ ストリートダンスならどんなジャンルでも踊れる「KAZUのダンス必修可!」


ストリートダンサーを募集 杉原邦生×柴幸男×北尾亘の舞台版『IWGP』 
訪問ありがとうございます。




舞台『池袋ウエストゲートパーク Song and Dance』が12月23日から東京・池袋の東京芸術劇場、2018年1月19日から兵庫・兵庫県立芸術文化センターで上演される。

【もっと大きな画像を見る】

宮藤官九郎の脚本によるドラマ版でも知られる石田衣良の小説『池袋ウエストゲートパーク』を舞台化する同公演。脚本・作詞に柴幸男(ままごと)、演出に杉原邦生(KUNIO)、振付に北尾亘(Baobab)を迎え、2013年から上演に向けたワークショップが開催されていた。

公演は歌とダンスを中心に展開。ストリートダンスカンパニーによって、対立するチームの争いをダンスバトルとして表現するシーンが舞台のハイライトとなり、毎公演、舞台の幕開け時と終盤に2組のカンパニーが登場してバトルを展開する。上演に際してこのシーンに出演するストリートダンスカンパニーを募集。応募締切は8月11日となる。募集要項の詳細は東京芸術劇場のオフィシャルサイトをチェックしよう。

■杉原邦生のコメント
『池袋ウエストゲートパーク ソング&ダンス』は、2013年・15年度と2回にわたって上演の可能性を探るクリエーションワークショップを重ねてきました。
そして、今回いよいよ劇場公演としての上演が決定しました!
石田衣良さんの原作に描かれた〈池袋〉という名の〈世界〉は、20年前と何もかもが変わってしまったようでいて、何ひとつ変わっていない気がします。
だから、いまも読む人の心を掴んで離さないエネルギーがあるのです。
今回は初の劇場公演として、僕が絶大な信頼を置いているクリエイターと、フレッシュでパワー漲るキャストとともに、舞台でしか成し得ない新たな『池袋ウエストゲートパーク』をつくり上げます。
また、将来的には大劇場での上演も視野に入れ、池袋ウエストゲートパーク(池袋西口公園)前にそびえ立つ東京芸術劇場の看板演目のひとつになれるよう、この作品を成長させていければと思っています。
真冬の池袋でブチかまします!ぜひ楽しみにしていてください!!

CINRA.NET


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170626-00009886-cinranet-ent
※この記事の著作権は配信元に帰属します





ご訪問ありがとうございます。


小銭入れが無料でもらえる財布屋
小銭入れを無料で貰う方法




現役女子高生ボーカル&ダンスグループ・J☆Dee’Z、新曲MVで「制服」「生歌」「ダンスバトル」を披露
訪問ありがとうございます。




現役女子高校生ボーカル&ダンスグループのJ☆Dee’Z(ジェイディーズ)が、7月19日に発売する新曲『Melody』のミュージックビデオ(MV)を公開。合わせてファッション雑誌『NYLON JAPAN』が手掛けた新ビジュアルも公開された。

【写真】J☆Dee’Zのミュージックビデオ。新曲のビジュアル。

 2010年にキッズダンスグループとして結成され、2012年にLOTTE×ソニーミュージック主催のオーディションで約8000組の中からグランプリを受賞し、2014年にメジャーデビューを果たしたJ☆Dee’Z。

 現在平均年齢16歳だが、活動歴は今年で8年目。幼い頃から培った抜群のダンスパフォーマンスに、鍛えあげられた力強い生歌とハーモニーが武器。さらに、ダンスでリズムを奏でる「ボディーパーカッションダンス」という新しいムーブメントを発信している。

 新曲『Melody』のミュージックビデオでは、新たに二つのことに挑戦している。その一つは“生歌”への挑戦。メンバー最年少・15歳のNonoがピアノを弾き、3人でハモリながら歌う生歌のシーンが盛り込まれている。ライブでも生歌勝負の彼女たちの武器を、存分に聴かせるシーンは必見だ。そして二つ目は“フリースタイルダンスバトル”への挑戦。「一回限り」という緊張感が漂う撮影で、即興のダンスパフォーマンスを繰り広げている。

 『Melody』という楽曲についてメンバーのNonoは「日々色んな自分の感情に寄り添ってくれる音楽。曲を聴いて、その時の気持ちだったり、ある人を思い出したり…そんなパワーが音楽にはあると思う。この曲が何かを思い出すきっかけになったら嬉しいです!」とアピールする。

 今回、現役女子高校生らしい制服姿も披露。キッズダンサーとしてのデビューから、本格派グループへと確実に成長を続ける彼女たちの今が感じられるミュージックビデオだ。


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170623-00000369-devi-ent
※この記事の著作権は配信元に帰属します





ご訪問ありがとうございます。


⇒ 【27日間ヒップホップダンス上達プログラム】 運動音痴&リズム感ゼロのダンス未経験者がスクールやスタジオに一切通わず自宅練習で27日間後、3年以上スクールに通っている生徒を横目に、イベントのセンターを張れるほどのダンサーに生まれ変わった!!


ヒップホップダンス指導革命【ダンス必修化で、お困りの中学校の先生へ。明日から授業で使える指導法】DVD2枚組


RAB(リアルアキバボーイズ)がアニメと公式コラボした新作アニソンダンス動画『ロクでなし魔術講師と禁忌教典 EDを踊ってみた』を投稿!
こんにちは。
ダンス最高です(*^^)v




前作の「エロマンガ先生OP踊ってみた」がニコニコ動画で約9万再生と好調なアニソンでブレイクダンスを踊る集団RAB(リアルアキバボーイズ)が、前作から1週間を待たずして前作からわずか6日の2017年6月9日(金)にTVアニメ『ロクでなし魔術講師と禁忌経典』と公式コラボをした新作アニソンダンス動画「ロクでなし魔術講師と禁忌経典EDを踊ってみた」を投稿した。

【詳細】他の写真はこちら

TVアニメ『ロクでなし魔術講師と禁忌経典』のヒロインキャラ「システィーナ=フィーベル&ルミア=ティンジェル&リィエル=レイフォード (CV.藤田茜・宮本侑芽・小澤亜李)」が歌うEDテーマ「Precious You☆」を使用した今作は、ブレイクダンスを踊るにしては難しいスローなテンポな曲調の中、スローなテンポでもビシッと技が決められる彼らのダンス技術の高さが楽しめる作品となっている。

また、TVアニメEDになぞらせた構成になっている点も注目したい。
本編のダンスもさることながら毎度お馴染みとなったおまけ動画のおちゃめな面白さも見逃せない彼らの魅力の一つだろう。
今回ももれなく入っているおまけ動画で彼らのおちゃめさも堪能してほしい。

毎回かっこいいダンスだけではなく、おまけ動画のようなユーモアあふれる小芝居も楽しめるRAB(リアルアキバボーイズ)のワンマンライブだが、次回の2017年10月22日(日)に中野サンプラザで開催される「RAB結成10周年無料ワンマンライブ2017~待ってろよ!アニメ化in中野サンプラザ~」はどんな内容になっているのか期待せざるをえない!

ニコニコ動画はこちら

●イベント情報
“RAB10周年 無料ワンマンライブ2017~待ってろよ!アニメ化 in 中野サンプラザ~”
10月22日(日) 【東京】中野サンプラザ
開場 15:00(予定)/開演 16:00(予定)
※指定席と自由席となります。
※途中休憩時間がございます。
出演:RAB (リアルアキバボーイズ)
参加方法:TwiPlaはこちら

関連リンク
RAB Official WebRAB Official TwitterRAB Official FacebookRAB Official NicoNico Channelマロン先生コミカワにて連載中!「RAB(リアルアキバボーイズ)の日常描いてみた」


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170614-00000007-mnet-musi
※この記事の著作権は配信元に帰属します





ご訪問感謝します。


⇒ 【27日間ヒップホップダンス上達プログラム】 運動音痴&リズム感ゼロのダンス未経験者がスクールやスタジオに一切通わず自宅練習で27日間後、3年以上スクールに通っている生徒を横目に、イベントのセンターを張れるほどのダンサーに生まれ変わった!!



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。