ストリートダンスやヒップホップダンスの大会やフェスの情報を集めました。


オディション情報



プロフィール

Aマーシー

Author:Aマーシー
ヒップホップダンスにかかせないダンスに関する話題や音楽をご紹介しています。

趣味・個人



最新記事



ストリートダンス教習



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ



QRコード

QR



センター大園桃子を筆頭とした美女メンバー、乃木坂46“三期生”をここに解剖!
ようこそ、いらっしゃいませ。




月9日から14日まで渋谷AiiA 2.5 Theater Tokyoで「三期生単独ライブ」を行った乃木坂46。そのチケット予約の応募総数は、全8公演で6,400人というキャパシティに対して、倍率40倍の約24万人。現在発売中の最新シングル「インフルエンサー」の握手会でも、一期生や二期生の人気に引けを取らないメンバーが早くも登場している。

【画像】モデルも務める白石麻衣

三期生のセンターを務めるのは、大園桃子
三期生は、13歳から21歳までの12人で構成されている。2016年9月4日にお披露目となり、今年2月の「乃木坂46 5th YEAR BIRTHDAY LIVE」よりグループに合流。すでに舞台やグラビア、バラエティ番組などで初々しくもそれぞれの個性を振りまき、8月に結成6年を迎えるグループに新風を呼び込んでいる。

そんな中、前述のシングル「インフルエンサー」のカップリング曲として三期生のみの「三番目の風」。そのセンターを務めたのが、大園桃子だ。同曲では人懐っこさとハツラツとした雰囲気を見せ、未来の大器となることを予感をさせる。

女性ファッション誌に登場するなど、ルックスの良さにも注目
また、メンバーのルックスの良さに定評のある乃木坂46において、伊藤理々杏、梅澤美波、久保史緒里、山下美月、与田祐希のかわいさは、やはり目を引く。山下は実際、白石麻衣が専属モデルを務める女性ファッション誌『LARME』にいち早く登場。ふんわりと柔らかい、ガーリーな雰囲気をまとっている。伊藤は愛らしい小動物といった印象があり、久保は折に触れて憂いを含んだ表情を見せる。さらに、梅澤は大人っぽく長身で、将来的にモデルもこなせそうだ。与田は、下校中にイノシシに遭遇するといった田舎っぺエピソードとチャーミングなルックスとのギャップが憎めない。

冠番組で、意外なキャラクターも発見!?
一方、「乃木坂工事中」(テレビ東京)、「NOGIBINGO!8」(日本テレビ)といった乃木坂46の冠番組では、何事にも全力投球な向井葉月が、三期生きってのバラエティ・クイーンぶりを発揮。「乃木坂工事中」では「画伯」ぶりを発揮した阪口珠美、浴槽に浸かりながら冷凍みかんを食べるという佐藤楓、そして生駒里奈と「お囃子セッション」を披露した中村麗乃の姿も心に残った。

最後は、最年少の岩本蓮加と、最年長の吉田綾乃クリスティー。岩本は実年齢よりも大人っぽい雰囲気があり、ヒップホップ・ダンスや新体操の経験者。吉田はおっとりしたお姉さんキャラで、実は生粋の日本人。生まれた時にハワイで暮らす計画があり、日米どちらでも使える名前がつけられたという。

5月24日には3rdアルバム「生まれてから初めて見た夢」をリリースする乃木坂46。同作には既発の「裸足でSummer」「サヨナラの意味」などに加え、新曲の1曲として三期生のみの「思い出ファースト」も収録(初回生産限定盤のみ)。加えて、5月27日には3,000人の観客を無料招待する「乃木坂46 3rdアルバム発売記念“三期生単独公演”」が、日比谷野外音楽堂で行われる。三期生の活躍とともに、今後ますます乃木坂46から目が離せそうにない。

文/兒玉常利@アドバンスワークス
【関連記事】


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170529-00010000-dmenueiga-movi
※この記事の著作権は配信元に帰属します





ご訪問ありがとうございます。


⇒ 【27日間ヒップホップダンス上達プログラム】 運動音痴&リズム感ゼロのダンス未経験者がスクールやスタジオに一切通わず自宅練習で27日間後、3年以上スクールに通っている生徒を横目に、イベントのセンターを張れるほどのダンサーに生まれ変わった!!


ヒップホップダンス指導革命【ダンス必修化で、お困りの中学校の先生へ。明日から授業で使える指導法】DVD2枚組

スポンサーサイト

ストリートダンス熱く クルン高岡地下街で県内外120人競う
ようこそ、いらっしゃいませ。




ストリートダンスのイベント「第7回ダンストレイン」が28日、高岡市のクルン高岡地下街で開かれた。県内外から集まった愛好者約120人が、アップテンポの音楽に合わせて激しいダンスバトルを繰り広げた。

 地下街をストリートダンスの“聖地”にしようと、テナントでつくるTSB商店会(大畔弘靖会長)が2014年から年2回開催。ソロの部と2人以上のクルーの部があり、ダンスの切れやリズム感を競った。

 クルーの部では小学生と社会人のチームが対戦する場面もあり、体格や年齢の差に気後れすることなく堂々と踊る小学生の姿に会場が盛り上がった。

 ソロの部はKAISEI(金沢市)、クルーの部はNUMBERS(同)が優勝した。次回は12月に開催予定。北日本新聞社後援。

 ▽ソロ(2)Miei(福井県坂井市)▽クルー(2)KICKS ORCHESTRAJr(金沢市)

北日本新聞社


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170528-00078734-kitanihon-l16
※この記事の著作権は配信元に帰属します





またおいでくださいませ。


⇒ 【27日間ヒップホップダンス上達プログラム】 運動音痴&リズム感ゼロのダンス未経験者がスクールやスタジオに一切通わず自宅練習で27日間後、3年以上スクールに通っている生徒を横目に、イベントのセンターを張れるほどのダンサーに生まれ変わった!!


フランス生まれの“才女”に注目!伝説のダンサーの人生を描いた『ザ・ダンサー』
ようこそ、いらっしゃいませ。




作品選びに欠かせないポイントと言えば、キャスティングもその一つ。美男美女の共演となれば、自然と胸がときめくのではないでしょうか。6月3日公開の『ザ・ダンサー』は、ソーコ、リリー=ローズ・デップ、ギャスパー・ウリエルという今や世界で活躍するフランス生まれの美形スター3人の共演が実現。19世紀末、キュビズムなどの新たな文化が花開いたパリでロダンやジャン・コクトーら多くの芸術家たちを魅了した伝説のミューズ、ロイ・フラーの人生がまさに美の共演で鮮やかに描かれています。

【画像】『ザ・ダンサー』に出演のリリー・ローズと父ジョニー・デップ

美しきダンスと演技で、天才ダンサーの激動の人生を描写
田舎町の出身でありながら、女優になることを夢見てアメリカからフランスへと渡り、ダンサーとしての才能を開花させるロイ・フラー。『ザ・ダンサー』は、様々な苦境を乗り越え、努力の末に成功を手にした彼女の激動の人生が、魂の舞ともいうべきダンスとともに描かれます。そんな山あり谷ありの人生ドラマも、キャストの好演があって初めて観客の心を打つもの。本作で主要キャストに起用された俳優たちは、見事にすばらしい演技を披露しています。しかも、映画ファンにはたまらない、フランスの美しきスターたちの競演が実現しているのです。

伝説のミューズ役はミュージシャンとしても活躍中の才女
まず、主役のロイを演じたのは、フランスの有望若手女優として人気上昇中のソーコ。女優業のみならずミュージシャンとしての才能も発揮している彼女は、国際女性デーのためにマドンナが制作したショートフィルム『Her Story』で、マドンナとコラボしたことでも大きな話題を集めました。まさに注目の才女といえる彼女ですが、今回の役で見せてくれるのは体当たりの演技。体を酷使するロイのダンスを完璧にマスターすべく、彼女は1日6時間、1ヵ月間に渡ってみっちりレッスンを積んだそう。シルクの衣裳を身にまとい、幻想的な照明に照らされて踊る彼女の姿は神々しいほどの美しさです。

フランス生まれの“才女”に注目!伝説のダンサーの人生を描いた『ザ・ダンサー』
(C) 2016 LES PRODUCTIONS DU TRESOR - WILD BUNCH - ORANGE STUDIO - LES FILMS DU FLEUVE - SIRENA FILM
ロイのライバル役を演じるのは、あの名優の娘
一方、ソーコ扮するロイのライバル役を演じるのは、リリー=ローズ・デップです。ご存知の方も多いと思いますが、リリーの母親はかつて世界を魅了したフランスの美女スター、ヴァネッサ・パラディで、父親はあのジョニー・デップ。いわば映画界のサラブレットともいうべき彼女ですが、ここではイサドラ・ダンカンというロイとともにモダン・ダンスの祖といわれる実在のダンサーを演じています。そのイサドラなのですが、ロイとは好対照な人物。ボーイッシュで見た目は地味なロイに対して、イサドラはそこにいるだけで周囲が華やぐような魅力を持つ、お嬢様タイプです。生まれる前からスターへの道が約束されたようなリリーにとって、生まれ持った美貌で周囲を魅了するイサドラ役はぴったり。リリーによって命を吹き込まれたイサドラは小悪魔的な魅力を振りまき、劇中で抜群の存在感を発揮しています。


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170527-00010003-dmenueiga-movi
※この記事の著作権は配信元に帰属します





ご訪問ありがとうございます。


⇒ ストリートダンスならどんなジャンルでも踊れる「KAZUのダンス必修可!」



嵐も安室奈美恵も欅坂46も惚れた! 話題のダンスユニット「HIDALI」とは?
訪問ありがとうございます。




ュージックビデオ(MV)やCMなど巷で話題になっている動画の振り付けを数多く手がける、ダンスユニット「HIDALI」をご存知だろうか?嵐の『GUTS!』や『誰も知らない』、デビュー15周年のハワイライブの構成と振り付けを始め、人気沸騰中のアイドルグループ欅坂46の『僕たちの戦争』の振り付けも担当する日本屈指の振付師集団だ。今回は、そんな多くのアーティスト、企業が熱い視線を送っている注目の「HIDALI」を紹介したい。

【関連】「欅坂46」フォトギャラリー


 「HIDALI」は、世界的ダンスグループ「無名」「WORLD ORDER」の元メンバーだった野口量、笹尾功、叶実花子を中心に2013年3月に設立されたクリエイティブカンパニー。空間を活かした作品づくりをモットーに、MVやアーティストの振付演出、ライブファッションショーのステージングなど幅広く活動している。

 前述の嵐、欅坂46を始め、NHKリオデジャネイロオリンピック・パラリンピック放送テーマソングとなった、安室奈美恵『HERO』のMV振り付けも担当。最近では、2016年12月20日に開催された「YouTube FanFest Japan 2016」のピコ太郎PPAPライブステージ、りゅうちぇるが出演し、クールな“イケちぇるダンス”を披露して話題となった「スーツのはるやま」のCMなど、多数のメディアで活躍している。

 さらに、還暦を超えたダンサーのトリ(TORI)が着物姿でストリートダンスを踊る動画の振り付けも「HIDALI」が担当。おばあちゃんが表参道の路上で、クールに踊る姿は、日本のみならず世界中で話題を呼んだ。

 その他にも数えきれないほど話題作を手掛けている「HIDALI」が、新たに手掛け注目を集めているのが、シンガーソングライターchayのキュートなダンスが印象的な「海ドラに恋して」。この楽曲は、全国無料のBSテレビ局「Dlife」の開局5周年を記念して制作されたもので、「蹴れば壊れる ドアもろすぎない?」「いつ寝てんの? この主人公」「やたら出てくる大統領」など思わず笑ってしまうような“海外ドラマあるある”がテンポのいいリズムとダンスにのせて楽しそう紹介されている。海外ドラマを見たことがある人はもちもん、海外ドラマを見たことがない人でも楽しめる内容になっているので、是非チェックしてみて欲しい。「海外ドラマって面白そう!」と感じてもらえるはずだ。

 また、普段は、ギターを弾きながら歌っているchayが、この楽曲では初めてダンスを披露。手の動きや表情で、歌詞を表現したダンスは、思わず真似したくなってしまう可愛さだ。Dlifeの公式ツイッターにも「この曲可愛いし、振り付けも可愛い。覚えたい」「chayちゃんが踊ってる!!かわいー!」といった声が寄せられている。公式サイトでは、「HIDALI」による振り付けレクチャー動画も公開されているので、キュートなダンスをマスターしてみるのはいかがだろうか?


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170526-00049944-crankinn-ent
※この記事の著作権は配信元に帰属します





またおいでくださいませ。


⇒ 【27日間ヒップホップダンス上達プログラム】 運動音痴&リズム感ゼロのダンス未経験者がスクールやスタジオに一切通わず自宅練習で27日間後、3年以上スクールに通っている生徒を横目に、イベントのセンターを張れるほどのダンサーに生まれ変わった!!


小松菜奈主演のザ・チェインスモーカーズの“世界初”MVに、日本エンタテインメント界屈指の才能が集結
ようこそ、いらっしゃいませ。




アメリカや日本を始め、世界70ヵ国で1位に輝いたザ・チェインスモーカーズ初のフルアルバム『メモリーズ…ドゥー・ノット・オープン』からの最新ヒットシングルである、コールドプレイとのコラボ曲「サムシング・ジャスト・ライク・ディス」の世界初となるミュージックビデオが完成、本日公開された。

【詳細】MVはこちら

本ミュージックビデオは、川村元気が脚本・監督・プロデュースのすべてを担当。川村のもとに日本エンタテインメント界屈指の才能が集結する、一大プロジェクトとなった。

主演に『渇き。』『バクマン。』のほかマーティン・スコセッシ監督の『沈黙 -サイレンス-』等に出演する小松菜奈、キャラクターデザインに『宇宙兄弟』の小山宙哉、振り付けとダンスパフォーマンス指導にマドンナの専属ダンサーもつとめた世界的ダンスアーティストのケント・モリ、撮影に若手屈指のカメラマンとして映画『帝一の國』などを手がける今村圭佑、照明に『スワロウテイル』『世界の中心で、愛をさけぶ』『怒り』などで数々の受賞歴を誇る中村裕樹、衣装に『さくらん』『モテキ』『おおかみこどもの雨と雪』などを手がけるトップスタイリストの伊賀大介、CGディレクターに映画『バクマン。』など数々の著名なCGを生み出してきた阿部伸吾、アニメーション作画に『PSYCO-PATHサイコパス』で共同キャラクターデザイン、作画監督をつとめた青木康浩。

それぞれのジャンルのトップクリエイターが集結し、世界的な楽曲のミュージックビデオが生み出された。

スーパーマンやバットマンのようなスーパーヒーローへの夢を描きながらも、そんな才能も取り柄もない少年が、ある女性に出会い、淡い恋心と憧れを抱き、いつしか人を勇気づけられるヒーローへと成長する物語を実写とスーパーヒーローの線画アニメーションの融合で描いた今作。

小松菜奈が海外アーティストのミュージックビデオに出演したのも、川村元気が脚本・監督・プロデュースすべてを手がけたのも今回が初めてのことであり、また、一般オーディションで選ばれ、小松菜奈の相手役を務めた小学5年生の桐本幸輝くんはすべてが初体験であった今回のビデオ。

そして、前述のとおり「サムシング・ジャスト・ライク・ディス」の“世界で初めて制作されたミュージックビデオ”という、“初”づくしのものとなった。

2016年から2017年にかけて次々と世界的ヒット・シングルを送り出し、80億回にも及ぶ全世界トータル再生数を記録。さらに、今年グラミー賞にも輝いた現代最高のヒットメイカー、ザ・チェインスモーカーズのフルアルバム『メモリーズ…ドゥー・ノット・オープン』は、日本においても、オリコン週間洋楽総合アルバムランキング(4月17日付)、オリコン週間デジタルアルバムランキング(4月17日付)、さらにiTunesでは週間アルバムランキング(4月3日~4月9日)でも首位デビューを果たすなど、世界的ヒットを続けている。

また、現地時間5月21日に開催された『2017ビルボード・ミュージック・アワード』では「トップ・アーティスト」を始めとしてドレイクと並ぶ最多22部門にエントリーされ、「トップ・ホット100ソング」を含む4部門に輝き、現在は40公演にも及ぶこれまでで最大の北米アリーナ・ツアーを敢行中。

ますます進化とスケールアップを遂げていくザ・チェインスモーカーズ。彼らが2017年の音楽シーンを象徴する存在となることは間違いなさそうだ。

小松菜奈 コメント
(ザ・チェインスモーカーズの曲は)友達とドライブしてたときにラジオから流れてきて知りました。耳心地がすごく良いし、自宅でリラックスしてるとき、元気に散歩してるとき、どこで聴いても飽きないですし、大好きです。アルバムを皆さんにたくさん聴いて欲しいなって思います。
(今回のビデオ撮影では)緊張したのも難しかったのも、そして楽しかったのもダンスシーンでした。なかなかできない自分に悔しい思いもしたんですが、(共演した)幸輝くんの一生懸命さや現場の雰囲気に元気づけられて、楽しくできました。
「えー! 監督までやっちゃうの!?」って思いましたが、川村さんの映像作品に、すごく素敵ですごく好きだなって思う曲のミュージックビデオでご一緒できて、とてもうれしかったです。

川村元気 コメント
小松菜奈さんが、子供が大好きだということを前から聞いていて。そんな小松さんが少年とふたりきりでお芝居をしたら、あらたな魅力を放つのではないかとずっと思って機会を伺っていたんです。
この曲の歌詞が、ヒーローに憧れるけどそんな能力もないって男性の気持ちと、それに優しく寄りそうような女性の言葉が入ってくるものだったので、小松さんと少年(桐本幸輝くん)にその関係を持ち込んでみようと思ったのが着想でした。
今回は自分が監督することもあり、いろいろなクリエイティブが複雑に絡み合って成立する、新しいミュージックビデオの表現を生み出したいと思いました。結果「ストーリー」を「実写の映像美」と「アニメーション」の融合で描きつつ、そこに「ドキュメンタリー的」な緊張感が加わってくる作品にすることを決めました。
まず脚本を時間をかけて構築し、撮影や照明やキャラクターデザイン、CG、アニメーション、振り付けに日本屈指のスタッフに集まってもらい、そこにオーディションで出会った芝居経験がゼロの桐本幸輝くんが、小松菜奈さんと共演することで信じられない成長を遂げるというドキュメンタリー的な緊張感を加わえていきました。このギリギリのバランスをつくることで、自分にしかできない作品になったかなと思います。
あと、なにより小松さんがすごく子供好きで、2日間という撮影期間内に桐本くんとの距離をどんどん縮めて、彼を立派な俳優にしてくれたことがストーリーの部分に大きく影響してますので、そんな2人の雰囲気も観ていただきたいなと思います。

ケント・モリ コメント
今回のストーリーラインと同じように、(桐本)幸輝がオーディション受かってからリハーサルを始めた初日には全然できなかったことを、短い間に毎日のように練習した思いと、時間と、エネルギーと、チャレンジの全部が詰まっているのが最後のサビなので見ごたえあると思います。
今回、幸輝が踊ってるのは「Breakin’(ブレイキン)」というスタイルで、それを教えてるのが小松菜奈ちゃんなんですが、2人の頑張りに、真剣に取り組めばかたちになるって僕自身あらためて感じました。この曲もダンスも万人のためにあると思います。このビデオを見てダンスを始める人がいたらうれしいです。

小山宙哉 コメント
また映画『宇宙兄弟』チームともコラボさせていただき、うれしく思っています。
「ブレイクダンスをして足技で闘うヒーロー」という設定をいただきました。回転するときに何かをなびかせるのが動画で見たときかっこいいだろうと思い、ロングコートを着たヒーローや、腰に布を巻きつけたヒーローなども描きました。最終的にはやはりシンプルでわかりやすく、アメコミヒーローでもお馴染みのマントスタイルに、バンダナを加えたヒーローに決まりました。
劇中に出てくる“少年の描いた絵“はこの少年と同世代の僕の娘に描いてもらったものです。仕事で親子初共演させていただけたのもうれしい出来事となりました。

リリース情報
2017.04.07 ON SALE
ザ・チェインスモーカーズ
ALBUM『メモリーズ…ドゥー・ノット・オープン』

ザ・チェインスモーカーズ 日本OFFICIAL WEBSITE
http://www.sonymusic.co.jp/thechainsmokers


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170525-00000015-mnet-musi
※この記事の著作権は配信元に帰属します





またおいでくださいませ。


⇒ 【27日間ヒップホップダンス上達プログラム】 運動音痴&リズム感ゼロのダンス未経験者がスクールやスタジオに一切通わず自宅練習で27日間後、3年以上スクールに通っている生徒を横目に、イベントのセンターを張れるほどのダンサーに生まれ変わった!!